コラム

 公開日: 2009-12-05 

どれだけ心を込められるか?


先日、プロボクシングの内藤大助対亀田興毅の世界タイトルマッチを見て・・・
今日、フィギュアスケート・ファイナルグランプリの安藤美姫の演技を見て・・・
他にもいろいろとありますが、自分は「いつも何に心が動かされるのだろう」と思います。

それはきっと
    『自分のやるべきことにどれだけ心を込められるか』
この一点にかかっているのではないかと思います。
心を込めるとは
    どれほど“純粋に”心を込められるか
ということでもあります。

殆どの人が自分の与えられた仕事や課題に心を尽くして打ち込みます。
しかし、その奥に自我の思いがあれば決して人の心を動かすものとなりません。
自我の思いとは、対戦相手に対する憎しみの思いであったり、ここで活躍しないとみんなからどう言われるだろうという思いであったり、ひと言で言えば、自己保身にとらわれた思いのことです。
自我の思いにとらわれた人にはどこか力みがある。
どこか本当に自分の力を全て引き出せていない。
人は何となくそうしたものを感じるものです。
だから、心が動かされない。
ただ事実としてその出来事を見るだけになります。

けれども、今回の亀田興毅や安藤美姫には今までに比べてどこか自我の思いが少なく、純粋さがあったような気がします。
(個人的には内藤大助にも共感しますし、浅田真央のかつての演技にも感動しましたが、今回の試合を見てということです)
純粋に心を込めた行動をとる人には、どこか共通点があるような気がします。
それは、周囲の人たちに対して感謝の思いに満ちているということです。
また、相手よりも、自分の力を最大限に発揮することに集中しているということです。
だから、どこかに冷静さがあり、冷静なのに何か熱く伝わるものがあるのです。

人の評価を意識していないとは言い切れないでしょうが、相手がどんな力を見せるかということよりも、いかにして自分の力を発揮するかということに集中しています。
自分がどう見られるかということよりも、人々の心に何かを伝えたいという思いに満ちています。
自我にとらわれている人にはどこかに“不安”や“恐れ”の感情がありますが、純粋な思いのある人には“不安”や “恐れ”がその姿を隠し、 “愛”の思いが前面に出ています。
そうした思いが人の心を動かすのではないかと思います。

こうした試合を見ると、私自身の心の中にも何か灯がともります。
    “自我の思いを捨て、人々の心に光をともすことに心を尽くしたい”
ふとすると自我にとらわれそうになったり、とらわれたりもしています。
毎日の平凡さの中に埋没しそうになる自分があります。
けれども、意識的にこうした刺激を自分に与えながら、純粋に心を込めることの素晴らしさを心に焼き付け、心の奥にある情熱の灯を燃やし続けるような人生を生きたい。
そんなふうに思います。

                              泉 和秀

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ