コラム

 公開日: 2009-11-25 

悩みを解決するための思考法


一旦、何か悩みにとらわれると、そこから脱するのは容易なことではありません。

何日も悩みにとらわれているとき、頭の中をのぞいてみると、必ずと言っていいほど同じことを何度も何度も考えて、堂々巡りしています。
そして、次第に心のエネルギーが消耗し、精神的に疲弊します。
言われると当たり前のことかもしれませんが、誰もがついこの悪循環にはまります。

では、どうすればこの悪循環から脱することができるのでしょうか。

精神的に疲弊し切って、何か病気の症状が出てきたときにはある意味、仕方ありません。
病気の治療に取り組むことが最優先です。

けれども、まだそこまでに至ることなく精神的に悩みに向き合う余裕があるときには、一定の思考法に基づいて、解決に向けていくといいのではないかと思います。

具体的にはまず、悩みに対して自分自身で考えうる限りの解決法を考えてみます。
ここでは時間がポイントです。
1日もあれば十分と思いますし、1時間でも十二分かもしれません。
いたずらに何日も時間を費やさないことです。

さらに、できれば自分の考えたことをノートに書くことです。
頭の中だけで考えていると、しばしば堂々巡りに陥ります。
それをノートに書くと、自分の考えや感じていることを客観的に見ることができます。
その結果、堂々巡りから脱することが可能になり、より考えが進むようになります。

もしこうした方法で解決の糸口が見えないときには、一旦、自分で考えるのを止めることです。
最初のステージでは、自分の頭の中にある思考材料で悩みを解決しようとしました。
しかし、それで解決が困難なのであれば、いたずらにそこに踏みとどまることなく、次のステージに進むことです。

次のステージでは何を行うのか?
問題解決のための新たな思考材料を頭の中に入れることです。
問題解決のヒントとなるような本を読む。
人に相談する、特に自分より見識のある人やその問題に関するプロに相談する。
今までの自分では思いもしなかった新たな考えを学ぶことで、どのように解決すればいいかが見えてきます。

しかし、現実にはそれでも解決の糸口が見えないことがあります。

そのときは、悩みの解決を一旦、保留とすることです。
保留として、「1週間後に考える」あるいは「1ヵ月後に考える」として、次にもう一度見直す時期を決め、しばらく考えないことです。
時間が経てば、どうでもよくなってしまい、問題でなくなっていることもあります。
あるいは、その間にいろいろな情報が入ってきたり、ひらめいたりして、新たな解決法を見つけることもあります。

かつて私は医師国家試験を落ちたことがありました。
当時は4月初めに医師国家試験があって、発表は5月中旬でした。
試験を受けた直後から「これはやばいな。落ちたかもしれない」と思いました。
普通は「もし落ちたらどうしよう?」と悩むところです。

しかし、私は次のように考えました。
「試験の結果が出るのは、1ヶ月以上先。
悩んで過ごしても1ヶ月、楽しく過ごしても1ヶ月。
まだ結果の出ていない今、悩んでも仕方ない。
悩むのは結果が出るまで保留として、それまでの時間を楽しもう」
その結果、私はその間に海外旅行をしたり、クラブの後輩たちとのテニスに明け暮れたりして、とても幸せな時間を過ごしました。

悩みに対しては、上記のような思考法で合理的に対処するのも一つの方法です。
大事なのはいたずらに堂々巡りの思考をして、不幸な時間を多く作らないことです。
言葉を変えて言うなら、
    “人生を不幸にするためのメンタルトレーニング”
のようなことを必要以上にしないことです。
悩みがすぐに解決しなくても、不幸な時間を少なくすることは可能です。

不幸な時間を少なくするために、この悩みを解決するための思考法が参考になれば幸いです。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ