コラム

 公開日: 2009-11-24 

心の病気の根源にあるもの


心の病気の根源にあるものは、ほぼ
     『不安と恐怖感に尽きる』
といっても過言ではないと思います。
何にでもごく一部の例外というのはありますが、何かに悩んでいる人の心の奥にあるのは不安と恐怖感です。

不安と恐怖感は、それを取り除こうとあがけばあがくほどに、大きくなってくるものです。

もしあなたが沼に落ちておぼれているとしましょう。
不安と恐怖感にとらわれると、足の下に何か支えるものがないかと思わずもがいてしまいます。
その結果、より深く沼の中に沈んでいまいます。
これが不安と恐怖感に陥っている人によく見られるパターンです。

であるなら、その状況から脱するにはどうしたらよいでしょうか。
まずあがくのをやめることです。
あきらめることです。

沼に落ちたという状況はとても不安で怖いものです。
でも、いくらあがいても脱することはできません。
せめてあがくのをやめて、それ以上沈むのを防ぐことです。

もしあがくのをやめることができたなら、沼ばかりを見つめていないで顔を上げることです。
ふと視線を上げると、そこには木の枝があるかもしれません。
誰かが沼岸から、あなたを助けようと棒を差し出してくれているかもしれません。
それを素直につかむことです。

もちろん、そうしたものが何もないときがあります。
それでも今の自分に何ができるかを考えることです。

不安と恐怖感の反対は、安心感です。
不安と恐怖感は、自分のことだけにとらわれた心から生まれるものです。
安心感のあるときには、周囲の誰かと心がつながっています。
人と心をつなげるのは、愛の心です。
不安と恐怖感にとらわれているときに、愛の心を持つように心がけることです。
簡単にできるものではないかもしれませんが、愛の心を持とうとする心がけは思わぬ道を開きます。

私自身も日々の生活でふと気付くと、不安や恐怖感にとらわれそうになります。
そうしたときには
    「たったひとりでもいい。
    ほんのわずかであってもいい。
    何か愛を伝える仕事ができれば生きている意味がある。
    自分にできる愛を伝える仕事をしよう」
ということを考えます。
そして、些細なことであっても何か人に愛を伝える行動をしてみます。
手紙を書くことだったり、こうしたコラムを書いてみることだったり、私の場合は目の前の患者さんにより心を尽くすことだったりします。
すると、いつの間にか不安や恐怖感は薄らぎ、リセットしていることがあります。

もちろん、もっと大きな不安や恐怖感に襲われている人はこうしたことも難しいでしょう。

そんなときには以前のコラムで「ホ・オポノポノ」の実践がいいかもしれません。
どのような心境であろうと、不安と恐怖感にとらわれた心のクリーニングをするために「ありがとう」「愛しています」という言葉を繰り返すのです。
これも1日100回繰り返そうなどと肩に力を入れすぎないことです。
「1日10回程度はやってみよう」「いや、1日1回だけでもやってみよう」といった調子で毎日続けることだけを意識するといいと思います。
言葉の力というのは、人生にとても大きく影響するようです。
不安と恐怖感から脱するために、こうした愛の言葉を繰り返すのもいい方法だと思います。

                              泉 和秀

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ