コラム

 公開日: 2015-01-07 

薬ばかり出す医者と薬を使わない医者

心療内科の口コミやホームページなどを見ていると、“医者が薬を出すか出さないか”ということがしばしば大きな問題として取り上げられています。

「薬ばかり出す医者」というのは一部の患者様が使う言葉であって、医者自身が使う言葉ではありません。
実際はどうなのかというと、確かに「薬を出すことこそが医者の仕事であり、話をするならカウンセラーに話すべきだ」と考えている医者もいます。
また、医者自身が不安なためにとにかく多くの薬を処方して、その弊害を見ようとしない医者がいるのも事実だろうと思います。

一方、「薬を使わない医者」というのは、多くは医者自身がそのことを売り込んでいるような気がします。
薬はすべて人の体に害を与えるものだから、とにかく薬を使わないで治療をしようと考えておられるようです。
ただ薬を使わない治療の治療成績はいかほどのものなのでしょうか?
もし本当に効果的なものであれば、もっと広がってもおかしくないような気がします。

そうした中で、私の目指す心の医療は病気を治すことを超えて、その人が少しでも本当の自分に目覚めて幸せになっていただくことにあります。
幸せになっていただくために、最も良い方法や手段は何なのか?
あくまでも、幸せになっていただくという目的があって、その中で薬という手段を使うべきか否かという判断をするのが本道だろうと思っています。

敢えて言うなら、私個人は薬を好まない方で、医者になった当時はとにかく薬を中止するようにしていました。
しかし、薬の効用というものは考えていた以上に絶大で、薬なしで十分にサポートできるだけの根拠なく薬をやめることはときにその人の病気を悪化させ、その人の人生の時間を奪うことになりました。
自分が薬を使いたくないという理由で、患者様にも喜んでいただけるからということで、むやみに薬をやめていくことには大きな問題があると反省させられました。

先日も他のクリニックで長期間、改善しなかったうつ病の方が来られました。
そこでは薬は処方されていたのですが、非常に緩い薬を処方されていて、そのために薬効が得られずに改善が遅れ、仕事に復職できないでいました。
その方は家族も養っておりましたし、いつまで経っても働けない状況は、その方に死を考えさせるほどでした。
しかし、クリニックに来ていただいてもっとよく効くだろうと思われる薬に変えた途端、急速に良くなってこられたのです。
強い薬を使わないという考えはいいように思いますが、そのためにその人の人生の時間を奪い、精神的に追い詰めていたとしたら、その治療は本末転倒ではないかという気がします。

薬だけで治療しようとすることに問題があるでしょう。
しかし、現時点においては薬を使わない医療が最高の医療とは言えません。
なぜなら、それに代わる絶対的に効果的な方法はまだ確立されていないのですから。
大事なのは、その方の病気を最も効果的に治療し、少しでも幸せになっていただくことではないかと思うのです。
そのために、は薬が最も有効な治療法の場合、必要最小限の薬は積極的に使うことだと思います。
そして、薬を使いながらも、薬だけではなく、生活改善を促したり、心理教育を行ったり、その人を成長に導く関わりを行ったりするなど様々な角度からアプローチする医療こそが理想ではないかと考えます。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ