コラム

 公開日: 2014-09-04 

なぜ病気がなおらないの?➀

いくら心療内科、精神科に通院していても病気がよくならないということがありますね。
なぜよくならないのでしょうか?
いろいろな理由があるでしょうし、誰も一言では説明できないと思います。

心の病気には、統合失調症、双極性感情障害(躁うつ病)といった内因性の病気があります。
内因性というのは「原因がわからない」ということです。
確かに、こうした病気は何らかのストレス、すなわち心の葛藤から生じたというだけでは説明しきれません。
多くの場合、お薬を使わなくては治療が極めて困難というのが現実です。
ですから、この2つの病気がなかなか治らない場合、その原因を探求するのはとても難しいところがあります。

一方、何らかのストレス、すなわち心の葛藤から生じたと考えられる心の病気であっても、なかなかよくならないことがあります。
これらはなぜよくならないのでしょうか?
これも一言で説明しきれませんが、次のようなことがあるのは確かだと思います。

「心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる」という言葉があります。
プロ野球選手の松井秀喜が心の指針としていた言葉で、とてもすばらしい言葉だと思います。
これができれば、誰でも人生をすばらしいものに変えることができるように思います。

ただこれは裏を返せば、人はなかなか心を変えることができず、行動を変えることができず、習慣を変えることができず、自分を変えることができないということでもあります。
これが心の病気にも当てはまるのですね。

心の病気に陥るときには、しばしば心の病気に陥ってしまった自分の心の傾向性があります。
あるいは、病気になったことで新たに生まれてきた心の傾向性があります。
不安障害でも、薬物依存でも、摂食障害でも、その他の病気でも、病気になったことで二次的に生まれてきた心の傾向性があります。
その傾向性というのは多くは不安、恐怖感、さらには絶望といったものですが、仮に何十年とその病気の状態でいると、その傾向性は自分に染み付いてしまいます。
そのためにいつまで経っても、病気から抜け出せないということがあります。

ただ病気から抜け出せるか否かを決めるのは、最後は本人自身です。
人は本来、ダイヤモンドのようにすばらしい心を持っています。
心の奥にダイヤモンドの心があるのですから、治る可能性は秘めています。
それを信じて「自分は成長できる。だから、自分は治る可能性がある」ということに賭けられるかどうか?
一般に若く、病気の期間が短いほど素直にそうしたこと受け入れられる可能性があり、年をとり、病気の期間が長いほど受け入れられなくなります。
「自分は治らない」ということを信じるようになるのですね。
そうしたことが、病気が治る可能性の違いとなって表れてくるように思います。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

21
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ