コラム

 公開日: 2014-01-22 

いかにして拒食症の治療をスタートするか?④

「あきらめない」「見切らない」そんな治療者であっても、治療のスタートにあたって限界を感じるときがあります。
それはその人にかかわる家族が理解を示してくれないときです。

拒食症は難しい病気なので、家族の方の「かかわり方がわからない」というコメントは当然のことですし、仕方がありません。
非常に厳しく感じられるのは、心の防衛反応による否認のためでしょうか、病気の重大性を理解しようとされない家族の方です。
あるいは、治療者の方針に耳を傾けようとされず、自分の考え方ややり方を押し通そうとする家族の方です。

例えば、「命にかかわるほど危険な状態なので入院が必要だ」という話をしているとしましょう。
多くの場合、家族の方も一緒になって本人を説得し、入院させようとします。
しかし、「入院するかどうかは本人の気持ちに問題ですからね、本人に任せます。それよりも、この子は頭が痛いと言っているので、それを何とかしてやれませんか?」というような返事がされる方がいます。
命にかかわるほどに危険な状態であるときに、淡々と「本人の気持ちの問題なので任せます」ではないでしょう?
頭痛を和らげてあげることも大切ですが、今は頭痛よりももっと重大な問題があるのですよ。
そんなふうに言いたくなります。

あるいは、「食事のことについて本人には一切、言わないようにしてくださいね」と話しても、目の前の食べないという行為に納得できずに本人を怒られる方がいます。
本人が決死の思いで食事をとろうと努力しているときに、責めるような言葉を発されると、本人の頑張りも限界を超えてしまいます。
いくら診察場面でリセットしても、家に帰るたびに悪い意味のリセットをされてしまうと、治療は進みません。

家族が病気のことを理解できないのは仕方ないことなのですが、理解しようとして下さらない場合、それが治療の限界になることがあります。
理解されない方というのはこのコラムを見ても、読み流されてしまい、何の感想も持たれない方です。
もし、ここに述べていることを読んで「私は大丈夫かしら?」と心配される方は大丈夫です。
そのように思う姿勢が本人のことを理解しようとしている証拠です。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ