コラム

 公開日: 2009-09-30  最終更新日: 2014-08-01

苦手な人間関係を改善する方法?②


苦手な人間関係を改善するのは本当に簡単なことではありません。
それは理性のレベルではなく、感情のレベルで深い傷つきがあるからです。

苦手な人間関係というのは多くの場合、
    “自分が相手に受け入れられていない”
ように感じています。
実際には相手がこちらに敵意を向けていることもあれば、相手にはそんなつもりがない場合もあります。
いずれにせよ、相手の感覚と自分の感覚との間にはずれがあります。
自分の感覚に合った対応を相手にしてもらえないことに傷つき、苦しみを感じているのです。

理性のレベルの問題はないということがわかると、苦手な人間関係を改善するのに、理屈という理性のレベルで対応するのは難しいとわかります。
感情、すなわち感性のレベルの問題なのですから、感性に訴えるようなアプローチが必要になります。

とは言っても、感性に訴えるようなアプローチというのはなかなかありません。
前回のコラムで述べたような理性のレベルの小さなアプローチを積み重ねることで対応するしかないのが現実です。

ただ科学的には実証できない世界の中においては、こうした問題に対する対処法があるようです。
そのひとつに「ホ・オポノポノ」という問題解決のプロセスがあります。

詳細は本が出版されていますのでそこに譲りますが、この「ホ・オポノポノ」では
    “自分の潜在意識の中の記憶が、自分の生き方を歪めている”
要するに、いろいろな問題を引き起こしていると言います。
自分の潜在意識の記憶が、相手との間に苦手な問題を引き起こしているのであり、その記憶をクリーニングすると、その問題は消えるというのです。

では、その記憶をどのようにクリーニングするのか?
それが極めてシンプルで、
    「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」
という言葉を言うだけでいいと言うのです。
全部を言う必要はありません。
いずれかひとつの言葉だけでもいいのです。

コツは、これは相手に対して言っているのではなく、自分の問題となっている記憶に対して言っているのであり、クリーニングしているということです。

また、この言葉には感情を込める必要はありません。
愛していないと思っても、ただ「愛しています」と言い続ければいいのです。

さらにこの方法に取り組むときには、相手との関係を何とかしたいという期待があっても、その気持ちをできるだけ抑えて、ただ機械的に淡々とやることです。
ちょっと難しいのですが、“期待”という自我の思いが強いとこの言葉が潜在意識に届きにくくなってクリーニングの効率が落ちるようなのです。
機械的に淡々と、1日のうち10秒でも1分でも1時間でも行うことです。

この方法は思わず「本当かな?」と思ってしまいます。
ただ、感情を込めずにただこうした言葉を繰り返すだけでいいのですから、やっても損はありません。(損はないという考え方が、関西人的な考え方かもしれませんが…<笑>)
だから、私自身もトライしています。

苦手な人間関係を手帳にリストアップし、私はすぐにさぼってしまう人間なので1~2日に1回程度、1回10秒程度なのですが、その人と出会った自分の記憶に対して「ありがとう」「愛しています」といった言葉を繰り返し、クリーニングしています。

回数や時間が少ないこともあり、またトライしている期間が短いこともあり、その効果は様々なのですが、3ヶ月くらいしてそのリストを見ると7割くらいの人との問題が解決しています。
その理由は現実的にはよくわからないのですが、なぜか解決しているのです。
具体的にはその人との問題がなくなってきているか、ときにはその人が離れてしまって接触することがなくなり、問題にならなくなってしまっているのです。

科学的に証明された方法でなく、「本当かな?」と思うところがあります。
しかし、やっても「損はせえへんで」と思うようなとても簡単な方法ですから、もしよければ一度トライしていただいてはどうかと思います。
この方法で実際に心の病気を治して薬がいらなくなった人もいるので、ちょっとやってみる価値ありかなと思います。

                              泉 和秀

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ