コラム

 公開日: 2009-09-30 

苦手な人間関係を改善する方法?①


「苦手な人間関係を改善する方法」というテーマを挙げましたが、人間関係の問題を改善するのに容易な方法はなかなかないでしょう。
そこでここでは一歩引いて、「苦手な人間関係を改善する方法?」と題したいと思います。
何かみなさまの参考になれば幸いです。

私は以前、ある病院に赴任したとき、そこにおられた6人の先生に対してとても苦手意識を持ちました。
例えば、ある上司の先生は挨拶をしても、目もくれず返事一つしてくれません。

あまりに苦しく感じられたので、思わずこの6人の先生の名前を手帳にリストアップしました。
それは、その病院の全ドクター20人のうち6人の先生に苦手意識を持ってしまうと、この病院ではとてもやっていけないなと思ったからでした。
何とかしなくてはと思い、まずは名前をリストアップして対処法を考えたのです。

私が最初にとった方法は、これら6人の先生に無理に合わせないことでした。
このような状況に陥ったとき、仲良くしようと無理に合わせても、自分の心の中の抵抗感がどこかに出てしまい、なかなか上手くいかないものです。
それどころか無理に合わせようとして上手くいかないと、非常に自己嫌悪になります。

そこで無理に合わせず、自分にできると思われた挨拶だけを心がけました。
それでも先に挙げたような全く無視する先生には挨拶の声かけさえも抵抗があったので、その先生には会釈だけにとどめました。

半年間、そうしたことを続けていると、私の心の中に少し余裕が出てきました。
心が「嫌だ。関わりたくない」という思いでいっぱいだったのが、もう少し相手のことを見てみようという心の余裕が出てきたのです。

その余裕の力で、私は相手の中に何かひとつだけいいところを見つけようと思いました。
例えばある先生に対しては、性格は悪い、患者さんのことも人間と思って見ていない、けれども、頭はいい、この先生は本当に頭がいいな、と。

ある先生に対しては、この先生はいつも優柔不断、患者さんの診察も手抜きをしていい加減、けれども、心の奥では優しいところを持っているんじゃないかな、と。

ある先生は口が悪くて言い方がきつい、その空気にはとてもついていけない、けれども、仕事に対しては一生懸命だな、と。

そんなふうに一人ひとりの先生に対して、嫌なところを感じながらもいいところをひとつだけ見つけて、その最後のいいところだけを自分に言い聞かせ、見つめるようにしました。

すると、3か月程して急に変化が生まれ始めたのです。
最初の先生は私が救急対応で困っているときに突然、声をかけてきてくれました。
私の専門外でどのようにすればいいか戸惑っていたところ、的確な助言をしてくれて助けてくれたのです。

2番目の先生は、2人だけのときに声をかけてこられました。
聞くと、ずっと悩んでおられた自分の幼い息子さんの相談でした。
相談をしてくれるということは、私のことを信頼してくれているということです。

3番目の先生は、多くの先生方との雑談のときに「先生がいつもよく勉強しているのは見ているで。よう頑張ってるで」と言って下さいました。

その他の苦手な先生方との間にもそうしたエピソードがありました。
そして1年後には、それらの先生と普通に付き合えるようになったのです。
不思議だったのは、私は心の中でそのように思おうとしただけで、直接にはこれらの先生に対して何も働きかけなかったことです。
それなのに、相手の方からあるときから急に声をかけてきてくれるようになったのです。
結局、その病院は2年間で退職したのですが、その後もその6人の先生方とは付き合いや年賀状のやりとりが続き、むしろ親しいと思われた先生よりもその関係が続きました。

これらのことを振り返って、人は相手の思いを何か第六感のようなアンテナで感じとっているのではないかなという気がしました。
これら苦手な6人の先生は私が苦手に思う性格はそのままでしたが、私が思ったひとつだけのいいところの部分でもって私に接してくれるようになりました。
その相手の態度に私自身も苦手に感じていた部分がさほど気にならなくなったのです。

自分の思いをひとつ変える努力をしただけで、相手との関係が変わりました。
大事だったのは、自分の中にある相手との関係を改善したいという思いとその真剣さだったと思います。
その思いが心から望んでいることであり、何よりも優先することができるなら、今回のようなエピソードは必然的に起こってくるのではないかとそんな気がします。
何かみなさまの参考になれば幸いです。

                              泉 和秀

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ