コラム

 公開日: 2013-04-03  最終更新日: 2013-06-13

心の揺れを抑える方法②

心の揺れを抑えるためのもうひとつの方法は、
    『子どもの心をじっと見つめる』
ことです。

目の前に表れている問題行動や症状ばかりを見ていると、心の揺れは止まりません。
「今日も学校に行かない」「またリストカットした」「急に暴言を吐いたり、暴れたりする」など心が揺れることばかりです。

そんな子どもと話をするときにあなたは、
    「じっと子どもの目を見ているでしょうか?」
    「子どもの瞳(ひとみ)の奥にある心を見つめているでしょうか?」
そうした質問をしてみたいと思います。

心は目に表れます。

子どもの目を見つめたなら、その心を見つめたなら、子どもの心はずっと同じ状態なんです。
例えば、自分に自信がなくて、不安で不安で仕方がない。
その気持ちが抑えられなくて、つい問題行動を起こしてしまう。
でも、その奥には本当はきちんとした行動をしたい。
楽しく、頑張っていきたい。

偽りの自己とともに、その奥には本当の自己のダイヤモンドの心がある。

ダイヤモンドの心があるとわかったなら、その心があることを認め、評価してあげることです。
    「頑張りたいという気持ちがあるだけでも十分だよ」
    「絶対にダイヤモンドの心がある。だから、今は本当にしんどいだろうけれど、必ずよくなる可能性があるよ」
そうした声をかけることができます。

偽りの自己に気がついたなら、その不安を癒してあげることこそが、親のできる最大の関わりだとわかります。

関わりの方向性が見えたなら、3週間~3ヶ月程度、意識して徹底的に行うことです。
このように方向性を持った関わりができるようになったとき、すでに親の心の揺れは収まりつつあるはずです。

心の揺れを止めるには、問題行動や症状よりも
    『子どもの目をじっと見つめ、その心を見つめてあげる』
ことです。そして、偽りの自己の心を癒し、ダイヤモンドの心を肯定する関わりをしてあげることだと思います。

心を揺らさず、時間を耐えることができれば、子どもの目には変化が表れてくると思います。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ