コラム

 公開日: 2013-03-31  最終更新日: 2013-06-13

心の揺れを抑える方法①

自分の心が揺れると、相手の心を揺らしてしまう。
子どもとの関係においては、特にそうです。
親の心が揺れると、子どもの心は大きく揺れます。

ですから、まず親が自分の心の揺れを抑えることは大事なことです。
では、心の揺れを抑えるにはどのようにすればいいのでしょうか?

自分の「できること」と「できないこと」を知ることです。
特に、今すぐにどうにかしたい!と思っても、
    『今すぐにはどうしようもできないことは何なのか』
ということを知ることです。

人は説教したり、怒ったりすれば、すぐに相手が変わるのではないかと思っていることがあります。
カウンセリングに連れていけば、すぐによくなるのではないかと思っていることがあります。
お払いや祈願をすれば、すぐに良くなると思っていることがあります。
奇跡的に1%程度はそうしたことがあるかもしれません。

しかし、99%現実にはそうしたことは起こりません。
    『多くの問題や症状は、すぐにはどうしようもないものだ』
ということを知ることです。

その上で、少しでも良くしていくためには何ができるのか?
「今の自分にできることは何なのか」を知ることです。

そのためには、ときには「良くする」ことではなく、
    「今以上に悪い状態にしない」
ということを目標にすべきときがあります。
冷静に観察していると、子どもの状態はどんどん悪くなっている。
そんなときには、「今以上に悪い状態にしない」ということが最初に目指す目標です。

何とか良くしたい、すぐに良い結果を出したいという焦りの気持ちは、ときに子どもを思う純粋さを失って、関わる人自身の自我我欲になります。
関わる人の“我(あるいは自我我欲)”が良い思いとして、子どもの心に伝わるはずはありません。
むしろ、子どもの心をさらにざわめかせ、不安や恐怖、イライラや怒りを引き起こします。

そんなとき、「今以上に悪い状態にしない」ことを目標にすると、関わる親自身が自分を取り戻すきっかけをつかむことができます。
ふと自分こそが子供を追い込んでしまっていたんじゃないかと気付き、気付くことによって、これまでの関わりにストップをかけることができます。

すると、親の心にもゆとりが生まれます。
そして、そこからようやく本当に良くしていくための関わりができるようになるのです。

心の揺れを止めるために、自分の「できること」と「できないこと」を知り、ときには「今以上に悪い状態にしない」ことを目標にするという方法があるということを知っていただければ、何かのお役に立てるのではないかと思います。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ