コラム

 公開日: 2013-03-14  最終更新日: 2013-06-13

子どもの心を閉ざさない

子どもに心の問題が起きたとき、心を閉ざす二つの言葉があります。
   「どうして?」
   「こうしなさい」

この二つの言葉を絶対に言ってはいけないと言っているのでありません。
「子どもに言うとしたら、1~2回程度にしておいて下さいね」と言っているのです。

実際、子どもが何らかの問題を引き起こし、その理由がわからなければ「どうしてなの?」と訊ねるのは自然なことです。
それに対して、子どもが「~だから、しんどくなったの」と素直に答えてくれれば問題はありませんし、その理由に対してどのようにしていけばいいのかを一緒に考えていくといいでしょう。

しかし、「どうして?」と訊ねても子どもはその理由を答えないことも多々あります。
わかっていても、言いたくないこともあります。
あるいは、自分でもよくわからず、言葉にできないこともあります。
子どもというのは、思いを言葉にする力が未熟だったりするからです。

であるにもかかわらず、「どうしてなの?」「なんで?」と執拗に聞いてしまう親や大人がいます。
みなさんでも言いたくないことがあったり、自分でもよくわからないことがあったりしたときに「どうしてなの?」「なんで?」と何度も訊ねられると、どんな気持ちになるでしょう?
人によっては、気分がどんどんしんどくなってくるでしょう。
「もういや!」とヒステリックになる人もいるでしょう。
パニックになる人もいるかもしれません。
そうした状態に陥ってしまうのではないかなと思います。

また、「こうしなさい」と言われるのもしんどいですね。
「こうしなさい」と言われることは、大体の場合「そんなこと言われなくたってわかってる!」といった内容ですね。
わかっているけれど、できない。

にもかかわらず、一方的に「こうしなさい」と親の価値観を押し付けられるとつらいですね。
言われることを全部できるなら、誰だって聖人君子になれるんじゃないかなって思います。
でも、現実にはそうではありません。
頭ではわかっていても、心がついていかず、なかなか行動には移せないものです。

「こうしなさい」というよりも、どうしたらそれができるようになるのかを考えてあげることが大切なんですね。
子どもに求めるだけでなく、子どもが何とかできるように関わる側が工夫してあげることなんです。

「どうして?」
「こうしなさい」
この二つの言葉を子どもに執拗に言い続けるのはやめましょう。
関わる親や大人の不安や価値観をぶつけるのはやめましょう。
北風を吹かし続けると、子どもは心のコートを強く閉ざしてしまって、なかなか心を開かなくなってしまいます。
大切なのは、太陽のような関わりなんです。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

13

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ