コラム

 公開日: 2013-03-01  最終更新日: 2013-06-13

思春期の心の問題はなぜ難しい?①

思春期の心の問題はなぜ難しいのでしょうか?
この問いかけに答えるにあたって、3つの質問をしたいと思います。

第1の質問は、
    『あなたは、思春期の子どもの症状や問題行動ばかりを見過ぎていませんか?』
ということです。

もし、子どもが不登校になったら、不登校という問題行動だけをみてしまって、何とか学校に行かせようということだけを考え過ぎていませんか?
もし、そうだとすると、「どうして学校に行かないの!」と問い詰めるでしょう。
朝、布団から出てこない子どもを無理やりに布団から引きずり出してでも学校に行かせようとするかもしれません。
そのように本人を追い詰めることによって、ときには学校に行くこともあるかもしれません。
しかし、現実はほとんどの場合、そうしたことをしても学校には行きません。

むしろイソップ寓話に出てくる『北風と太陽』のように、北風を強く吹かせれば吹かせるほどに子どもは心を閉ざし、引きこもってしまいます。
大事なのは、太陽のような関わりです。

不登校をしている子どもを、不登校をしている状態のままで温かく受け入れてあげることです。
症状や問題行動だけを見て子どもを判断するのではなく、症状や問題行動の背景にある思春期の心を見てあげることです。
「あなたは子どもが不登校になったとき、その不登校の子どもの目をじっと見つめることができますか?」
「その心を見つめようとすることができますか?」
心を見つめようとするならば、静かに、深く、その目をじっと見つめることができるはずです。

子どもだってバカではありません。
「学校に行かないのはよくないなあ」ってわかっています。
仮によくわかっていなかったとしても、1回言われたら十分にわかります。
ですから、何度も同じことを注意したり、怒ったりする必要はありません。
説教は一度で十分です。

思春期の子どもが症状や問題行動を起こしたとき、一度は注意してみてもいいと思います。
でも、それでも変わらないのであれば大事なのは、
    「症状や問題行動を起こさざるを得なかったその心を見つめる」
ことです。
さらに、
    「その心の奥にあるダイヤモンドの心を信じてあげる」
ことです。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

23

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ