コラム

 公開日: 2013-02-23 

心の病気の治療って何?②

心の病気の治療のひとつめは、薬による治療。

薬による治療と言えば、実際には抵抗のある方がたくさんおられます。
心療内科に来られても、「薬は使いたくありません、薬を使わずに治してほしいのですが…」とよく言われます。
もし、薬を使わなければ、方法は残りの二つ。
環境を変えるか、自分を変えるかしかありません。

では、なぜ薬による治療に抵抗があるのでしょうか?
最近は、インターネット上に氾濫している根拠に乏しい、主観性に偏った情報に影響を受けている方も多く見られます。
本当に怖いですね。
ときに極めて偏見に満ちたものと思われるものであっても、文字として書かれると正しい気がしてしまいます。
一旦、信じこんでしまうと、診察でいくら丁寧に正しい情報を伝えても、「いいように言って、ごまかされているのではないか?」と思われてしまうのか、なかなか受け入れてもらえないことがあります。

ただ、そうした場合を除くと、薬に対する抵抗というのは
「薬を飲むこと自体、自分の心の弱さを証明しているような気がして嫌だ」
「医者は金を儲けるために薬ばかり出して、薬漬けにするのではないか?」
「薬を飲み始めると依存症になってしまって、止められなくなるのではないか?」
「薬にはいろいろな副作用があるのではないか?」
その理由はいろいろあります。

一部の医者においては、薬の出し方に問題があったこともあるでしょう。
また、薬の使い方を誤ると、様々な問題が起こります。
ですから、これらの理由にも一理あります。
しかし、それはあくまで薬の一側面にしか過ぎず、正しい見方とは言えません。

薬はときとして、これまで治らなかった病気を治す力があります。
病気のために失ったかもしれない人生を取り戻す大きな武器になることがあります。
実際、心の治療の分野でも20年前と比べて薬の開発はかなり進み、以前であれば救われなかった方々が少しずつ救われるようになってきました。

また、薬による治療が根本的な治療にならなくても、薬を飲むことによって症状を緩和し、根本的な治療への補助手段になることもあります。

例えば、心理的ストレスによって頭痛を起こしているとしましょう。
実際、頭がガンガンとわれそうに痛むその最中に「あなたのこうした考え方がストレスを招き、頭痛を引き起こしているのだから、その考え方を変えないといけません」などと言われても、とても聞く気にはなれません。
まず、頭痛を抑えるのが最優先です。
その場合、薬によって頭痛を落ち着かせ、その上で頭痛を引き起こさないように頭痛の原因となっているストレスや考え方への根本的なアプローチを行う方が治療はスムースに進みます。

これを別の表現で例えるなら、初めて自転車に乗るときに、いきなり自転車に乗ると大抵の人はこけてしまいます。
そのときにまず、補助輪をつけて自転車に乗るという方法があります。
補助輪をつけて自転車に乗る感覚をつかみ、それから補助輪を外すとうまく乗れるようになりますね。

薬はしばしば、この補助輪の役目を果たしてくれます。
まずは薬という助けを借りて体調を取り戻します。
体調を取り戻した間に、ストレスに対処し、自己コントロールする方法を学べば、薬という補助輪を外しても体調を維持できるようになります。

このように薬には非常に有用な側面があります。
的確な使い方をするならば、苦痛な時間を短縮し、治療の大きな手段になります。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ