コラム

 公開日: 2013-01-03 

『永遠の0(ゼロ)』

私は幼少の頃から、普段は何の取り柄もなくボーっとしているのに、何かあるとひとつのことに熱く燃えるような性格がありました。
一旦、熱くなるとあまりにもそのことに集中するため、まわりのことに気を配るエネルギーが全くなくなり、ふと気がつくとまわりの人がついてこられなくなったり、不調和を起こしたりすることがありました。
以来、社会に出てからは徐々にまわりとのバランスを考え、熱い気持ちを抑えて過ごしてきました。

このブログでも、熱い話題は避けてきました。
人はいろいろな心境にあり、特に、エネルギーを消耗した人や悲しみや苦しみの中にある人にとっては、熱い話題は重く、しんどく感じられるからです。
しかし、今年からは、もう少し自分の心に正直に熱い話題も取り上げてみたいと思います。

昨年末、『永遠の0(ゼロ)』(百田尚樹著、太田出版)という本を読みました。
この本はご存知の方も多いと思います。
現在、ミリオンセラーになり、今年の冬には映画として公開される予定にもなっています。

基本的にはフィクションで、第二次世界大戦を生きたゼロ戦のパイロットの物語なのですが、この時代に生きた人々の話にはきっとこうした事実もあったのだろうと思うことがたくさんありました。
第二次世界大戦のとき、国のため、家族のために兵士として戦った人たちの思いなど、言葉の上では考えたことはありましたが、真剣に感じることはなく、軽く見ていたように思います。
この本に描かれているような描写に基づいて心で感じると、全く別物のように思います。

自分も含め、一体、私たちはこの恵まれた日本で何をしているのだろうか?
ゼロ戦の兵士たちに思いを馳せるとき、命を賭して守らんとしてくれたこの国に生き、これほどに恵まれた世界を作ってもらいながら、私たちはどれほどそのことに感謝し、そうしたことに報いるような生き方をしているだろうか?
あまりにも自分のことだけ、しかも、自分の視野から見た小さな世界にだけにとらわれ過ぎてはいないだろうか?

この私たちの魂の中には、自我を超えた利他のために生きる魂がある。
未来を担う私たちのために、想像を超えるような利他の思いで生きてくれた人たちがいる。
人としての心に目覚めるならば、もっと大きな視野でこの世界を見つめ、利他のために生きる人間が出てこなくてはいけないのではないだろうか?
何よりも自分自身がそうあらなくてはならない。

時が過ぎ去ると、甘えた時代に流されるのが人間の心です。
私自身もそうですし、再び流されることもあるでしょう。
しかし、この『永遠の0(ゼロ)』は、人としての想像を超えた利他の心に目覚めさせてくれるそうした本だったと思います。
こうした心を維持しながら、日々の生活を律し、利他に生きることができれば、自分自身、きっとそうした自分を誇りに思い、納得のできる人生を生きられるような気がします。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

12
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ