コラム

 公開日: 2009-09-06 

「正直であること」の力-「ダイヤモンドの心を見つめる医療⑧」-


心の病の治療でに関わっていると、しばしば“いい子”に出会います。

“いい子”というのは、いつも相手に気を使って、いい顔しか見せることが出来ず、いいことしか言えない子のことです。

相手からすると、“いい子” はとても感じがよく、気持ちよく一緒にいることが出来ます。
けれども、その子にとっては“いい子”であることが病気の最大の原因なのです。

“いい子”は自分に自信がありません。
小さい頃から親に無条件に愛されているという気持ちからもたらされる基本的安心感がありません。
だから、人に対して“いい子”を演じることで人から非難されないように防衛し、自分を守っているのです。
いつも無理をして、その無理をしている歪みが限界に達したときに病気という形でその心の苦しさを表現しているのです。

けれども、“いい子”が心の奥で本当に望んでいるのは、そうしたコミュニケーションではありません。
自分が悪い子であっても、ダメな子であっても受け入れてもらえる、そんな愛がほしいのです。
そんな人間関係を求めているのです。

だから、私はそうした子に出会うとこんなふうに言います。
「まず治療を始める前に、診察では正直に話すことね。
正直に話すというのは自分にとって一番都合の悪いところや情けなかったと思うところから話すことよ。
悪いことや情けなかったことはその通りかもしれないけれど、そんなことよりもそうしたことを正直に話せたことを私は評価する。
だってね、正直に話すことは、本当はすごく怖いでしょう?
すごく勇気を持たないと言えないでしょう?
何を話したかよりも、その怖さに打ち勝って正直に話せたことがすごいことよ。
最も価値のあることよ。
だから、診察では正直に話すこと。
これが治療の第一歩ね」

このように話をしますが、実際にはなかなか正直に話すことができません。
だから、診察のたびに
「それで全部話をしてくれたかな?
本当はこうなんじゃないのかな?」
と話しかけ、正直な気持ちを引き出すように努めます。
そして、自分の弱さを出せたとき、それを大きく大きく評価するのです。

人はしばしば正直にありのままの自分を出すことを恐れます。
それは人から非難されるのではないか、見捨てられるのではないかという恐れからです。

けれども、人間はそんな人ばかりではありません。
ダメな自分を出しても受け入れてくれる人がいます。
正直になることができて、そのダメな自分を受け入れてもらえると実感できたとき、それでもこの世界で生きていけるとわかったとき、その人の心には大きな安心感が芽生え始めます。
その安心感が人間としての強さを生むのです。

心の治療において大事なのは、正直になってもらうことです。
自信のなさや基本的安心感の欠如が病気の根本的な原因であるとき、正直になることができただけでその治療は半分以上クリアーしています。

心の病気を抱えた人に関わる人はこうした心理を理解し、ダメな部分を説教する前に、まず人としてダメな部分を含めて、ありのままの相手を受け入れてあげることです。
相手が勇気を持って正直になれたなら、それを一緒に喜んであげることです。
そんな“人を許す愛”の心を持つことが、とても大事なことではないかと思います。

                              泉 和秀

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ