コラム

 公開日: 2012-04-04 

自分を責める人が立ち直る方法

人間関係の問題が生じたときに、その非は相手にあることもあれば、自分にあることもあります。
ときには、双方それぞれにあります。

もちろんどのような角度から見ても相手が悪いということもありますが、一般に、問題のすべてを相手のせいにして、自分の非の可能性について振り返ろうとしない人は、解決の糸口をなかなか見つけることはできません。
人はなかなか相手を変えることはできず、変えられるのは自分だけだからです。
問題解決の基本は、自分にも問題があるのではないかと考える姿勢にあります。

一方、人間関係の問題が起こると、いつもすべてが自分に非があると考える人がいます。
見方によっては、その姿勢は潔いと言えます。
しかし、中には客観的に相手の問題を見ることができず、ただひたすらに自分を責め続ける人がいます。
    「こんなふうな問題を起こすのは自分に問題があるからだ。
    本当に情けない。
    周りの人もみんな迷惑に感じているに違いない。
    こんな自分なんてきっといない方がましだ」
こんなふうに袋小路に入って、落ち込みや絶望から抜け出せなくなるのです。

人間関係の問題が生じたとき、
「相手の問題はさることながら、自分にも何か問題があったのではないだろうか」
と振り返る姿勢はその人間関係を改善させ、自分自身が成長するために必要なことです。
ただその際に、自分の問題点を振り返るだけにとどまらず、
    「自分なんてダメなんだ。
    生きている価値もない」
と必要以上に自分の存在を否定してはいけません。
自分の存在を否定し続ける中にあって、その人間関係の糸口は見えてこないのです。

自分を責める気持ちから脱することのできない人は、ふと自分のまわりを見て下さい。
自分のまわりには嫌な人たちもたくさんいるでしょう。
でも、中には「本当にいい人だなあ」という人がひとりやふたりはいませんか?

それは友達かもしれません。
兄弟かもしれません。
親かもしれません。
もしかすると、今、通院している心療内科の先生かもしれません。

もし、そんないい人との縁があるなら、その人と波長のあった自分にも同じように必ずいいものがあるのです。
「類は人を呼ぶ」と言います。
いい人にはまわりにいい人が集まり、悪い人には悪い人が集まります。
心の状態が良くないときには心の良くない人たちと付き合いがちですが、そんな中にも、ひとりやふたりは全く違う心の良い人がいるのではないかと思います。
もしそうであれば、あなたの心の中にはその人と同じ良い心が潜んでいるのです。
あなた自身、まんざら捨てたものではありません。
そうした縁を持てている自分を肯定することです。
肯定していいのです。

私自身も学生時代はありとあらゆる悪い性格を兼ね備えた人間だと思い、自分を責めていました。
でも、私のまわりには不思議といい友達がいたり、私にやさしく接してくれる先輩がいたりしたのです。
それが、私には不思議でなりませんでした。
今、思うと、確かに悪い性格ではあったのですが、その奥にはその友達や先輩と共感できるようないい性格の部分が潜んでいて、友達や先輩はその部分を見て付き合ってくれていたのだと思います。

自分を責める人は、もう一度、自分の周りを見渡して下さい。
ひとりでもふたりでもいい人との縁があるなら、自分にも同じものがあるのです。
だから、「自分は自分でいいんだ」と肯定することが大事です。

まず自分を肯定して、明るい気持ちを取り戻すと、その人からは光が出てきます。
表情が明るくなり、目が輝き始めます。
その中で、自分の非を振り返り、これからはその非を正すように心がけ(すぐに完全な対応ができなくてもかまいません。心がけるだけでいいのです)、その後の人間関係の行方は運命に任せることです。
すぐに解決に至らなくても、あなたは人として正しい行動をとっているのであり、解決への道を歩み始めています。

自分を肯定して信じる前提のもとで、自分の問題としてとらえる姿勢こそがバランスのとれた考え方であり、人間関係の問題を解決していく道だと思います。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ