コラム

 公開日: 2012-01-28 

「立ち向かう人の心は鏡なり」

日々の診療においては、人の心の幸せを求めれば求めるほど、自らの心に向き合うことを余儀なくされます。

人の心を見つめ、どのようにすれば幸せな生き方をしていただけるのだろうと考えていると、必ず限界を感じるときがあります。
    「どうしたらいいかわからない」
    「全くその方法が見つからない」
そうしたときがあります。

そのときにその限界を打破するキーワードは
    「立ち向かう人の心は鏡なり」
    「目の前にいる人は自らの心の写し鏡である」
ということです。

相手の心に問題があって限界のように感じられるのは、ある意味、その通りです。
しかし、その限界は自分自身の心の問題でもあるのです。

もしかすると、自分以外の別の人がその人に関わると、その人の問題を解決できるかもしれません。
お釈迦様のような人であったり、イエス・キリストのような人であったり、マザーテレサのような人であったり、そうした人格そのものが影響を与えるような人であれば、その人の心を救うことができるかもしれません。

もし、そうであるなら、人の心の問題に向き合えば向き合うほど、自らの心に向き合うことを余儀なくされます。
自らの人生に向き合うことを余儀なくされます。
その姿勢なくして、様々な人の心の問題を解決することはできません。

人の心の幸せを語るなら、自らが幸せになる必要があります。
自らが幸せになり、自分の周りの人が幸せになっている。
そうした自分であってこそ、人に何か語れるものもあるのではないかと思います。

自らが幸せになるには、自らの心の闇や心の毒と戦わなくてはなりません。
偽物の自分と向き合い、日々、打ち消していかなくてはなりません。
一日一日、一瞬一瞬が真剣勝負です。
明るく楽しく過ごしながらも、そこには真剣を抜いて向き合うような厳しさがあります。

疲れが蓄積したり、気を緩め過ぎたりすると、気付かないうちに「自分が…」という自我我欲の意識が芽生え始めます。
すると、心の内には不安、恐怖、自己嫌悪、劣等感、欲望、イライラ、怒り、憎しみなどの心の闇や心の毒が広がり、体中を巡り始めます。
それは、孤独でいるときもそうです。
診察など人とコミュニケーションをとっているときもそうです。

ですから、本当に安定した心を保つためには日々、自らの心をコントロールするような習慣を身につけることが必要になります。
毎日、十分な休息をとって疲労をとることです。
人であれ、本であれ、音楽であれ、環境であれ、常によいもの、素晴らしいものに触れることです。
そして、一日のいくらかの時間は自らの心を見つめ、凪いだ湖面のような平静な心を取り戻すことです。
愛に満ちたやさしい心を取り戻すことです。

自らがそのような心がけを維持することができたならば、それが人の心に影響を与えるようになってきます。
人の心を救い、幸せに導くのは、単なる技術論だけではありません。
自分自身の生き方、人格そのものが影響を与えるのです。
    「立ち向かう人の心は鏡なり」
人の心の幸せに関わる生き方を目指すなら、これこそがこれからの人生における最も大きな課題ではないかと感じています。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ