コラム

 公開日: 2012-01-27 

心の医者としての人生

日々の診療に集中していると、一日があっという間に終わってしまいます。

診療中はよほど意識して自分の意識のバランスをとり、エネルギーをコントロールしていなければ、診療が終わった途端に一気に疲れが押し寄せ、思考は停止し、何を言われても頭に入らない状態になります。
自宅に帰ってから何かに取り組もうとしても頭は回らず、しばらく放心状態になることもあります。
夜はそのままぐっすり眠れるかというと、神経が疲れ過ぎていて、すぐに寝つけなかったり、寝ても浅い眠りだったりすることがほとんどです。
夢を見ないでぐっすり寝たと実感できる日など年に数えるほどしかありません。

「休みの日は何をしているのですか」とよく訊かれます。
たまにゴルフをしたり、出かけたりすることもあります。
平日にできない仕事にいそしんでいることもあります。
しかし、休日の過ごし方で意外に多いのが、寝て過ごす一日です。
休日になって気を緩めると、一気に疲れが出てくることがあります。
午前も午後も寝ているのに、夜も寝ることがあります。

以前は、そんな寝てばかりではいけないと何か行動しようとしていました。
しかし、そうすると疲労はとれません。
その疲労のとれないまま、診療のときに無理をしてアドレナリンを放出し、疲れを感じない状態を作って仕事をすると、その結果、ありとあらゆる自律神経症状をきたし、身体的不調をきたすようになります、
そのうちにそれらの症状は慢性化してきます。
このまま本当の健康を取り戻せないのではないかと思う日々が続くときもありました。

ふと心の医者としての人生を振り返ると、一日一日を一生懸命に生きて、目の前の患者さんに対して力を尽くしてきました。
何ヶ月も何年も経ってようやくよくなり、ときには人生までが変わったというような嬉しい瞬間に出会うこともあります。
でも、その喜びは診療に打ち込む多くの時間の中では、ほんのひとときです。

身を削るような毎日を送り、ときに自分の全エネルギーを尽くして関わり、それでも治療がうまくいかなかったり、患者さんとのコミュニケーションがうまくいかなかったりすることがあります。
その精神的負担は、ときに想像を絶するほどのものがあります。

自分の限界とできることのラインをしっかりと敷いていれば自分を保てます。
しかし、相手の人生を思い、相手の思いを汲む思いが強過ぎると、ついそのラインを超えてしまい、自らに大きな負担を課してしまいます。

他科の医者仲間には「心療内科や精神科だけは絶対にできんわ」とよく言われます。
同じ科の医者仲間とは「このしんどさは俺達にしかわからんよな」と言い合うことがよくあります。
実際、医療のすべての科の中で、最も燃え尽きる率が高いのがこの仕事です。

人生の途中では決して燃え尽きたくはありません。
自分自身としてはいまだにちょっとやり過ぎている感があるので、もう少し自己コントロールしなければならないのは確かです。
ただこの誰もが難しいと考えるものでありながら、非常にニーズの高いこの仕事は、挑戦しがいがあり、やりがいがあります。
心の医者としての人生を生き抜き、燃え尽きるまでこの人生を生き抜くことができれば、それもいい人生ではないかと思います。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ