コラム

 公開日: 2012-01-09 

知識・知恵・智慧

「よく本を読んでいますね」と人から言われることがよくあります。

しかし、私は幼い頃はほとんど本を読む習慣がありませんでした。
本を読み始めたのは、成人してからです。
読み始めたと言っても、読書家の人とは比較にならないくらい少ないものでしかありません。
それなのに、なぜ「よく本を読んでいますね」と人から言われるのでしょうか?

本を読むと、それだけの知識が得られます。
「知は力なり」と言いますが、知識は物事を考え、いろいろな問題を解決していくための材料になります。
しかし、知識を持っているだけでは様々な問題を解決することはできません。

例えば、
    「悩みから脱するには、過去や未来のことについてあれこれ考えるのをやめることです。
    今日だけに集中して生きることが大切です」
と書いてあるとします。
この言葉を聞いて「なるほど」と思うかもしれません。
しかし、「なるほど」と思っただけで読み流してしまったなら、何も変わることはありません。

    「過去や未来のことを考えるのをやめるようにというけれども、本当にやめてしまっていいのだろうか」
    「今日だけに集中するとは、具体的には、どのようにして過ごせばいいのだろうか」
など「なるほど」と思った言葉をかみしめ、心静かに(できれば瞑想に近い心の状態で)深く思索し続けます。
本に書いてある言葉をそのまま鵜呑みにするのではなく、そうした自分の経験に裏打ちされた自分の言葉で納得できるように試みるのです

例えば、
    「未来のことを考えるのをやめるというのは『絶対に未来のことを考えるな』ということではない。
    『悩みの渦中にあるときには、未来のことを考えても悪く考えるからやめなさい』ということなんだ。
    『意味のない取り越し苦労をするな』という意味なんだ。
    気持ちが前向きにさえなれれば、未来を考える時間を持ってもいいはずだ。
    いや、むしろそうした時間も大切なはずだ」
こんなふうに考えられます。
このように、「未来のことをあれこれ考えるのをやめることです」というひと言をとっても、その意味を深く思索し続けると、心の腑に落ちる言葉で理解できるようになってきます。

この時点で、本に書いてあったひとつの言葉は単なる知識から知恵になります。
知恵とは、物事の道理を判断し処理していく心の働きであり、能力です。
知恵となることで初めて、実生活に役立つものとなるのです。

さらに、こうして知恵として得たものを日々の生活の中で意識し、実践し続けます。
すると、それが習慣となり、自分自身のものになります。
「悩みから脱するには過去や未来のことについてあれこれ考えるのをやめて、今日だけに集中して生きることがいい」ということが、感覚的にわかってくるのです。
単なる知性のレベルから悟性のレベルの理解となり、それはひとつの悟りと言ってもいいと思います。
これを知恵ではなく、真理を見極める認識力である智慧というのかもしれません。

私は本を読むとき、しばしばこうしたことを意識しています。
人に話すときには、単に知識で得られたものだけでなく、実生活に役立ち、心に伝わる知恵や智慧としてから話すので、相手の方にも納得していただけることが多いのではないかと思います。
その納得していただける数の多さが「とても多くのことを知っている」といった印象につながり、最初に述べた「よく本を読んでいますね」と言われることにつながっているのではないかと思います。

何かを学ぶとき、知識として身につけているのか?
深く思索し、心の腑にまで落とし、知恵として身につけているのか?
自らの習慣にまで昇華し、智慧として身につけているのか?

人の幸福に有用なものを身につけるには、どのレベルで身につけることが必要なのか?
一度考えてみてもいいかもしれません。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ