コラム

 公開日: 2011-11-20 

休息の功罪

この忙しい日本社会において、精神疾患が5大疾病のひとつに加えられる中、あらゆるところで、休息の重要性が説かれています。

睡眠不足、パソコンや携帯電話などOA機器による神経への絶え間ない刺激、こうしたものによって常に交感神経の緊張にさらされ、人の心と体は休息を求めています。
もし、休息をとらずに負荷をかけるなら、そのストレスによって、ありとあらゆる心と体の病を引き起こします。
心療内科への需要が高まるばかりです。

一方、全く逆の状態の人もいます。
引きこもり、あるいは病気の世界に入り込んでしまい、いつも休息している人です。

実はこれも、心と体にはとてもよくありません。
自律神経というのは、交感神経と副交感神経のバランスのとれた緊張の中で安定し、健康をもたらします。
一般にストレスと言えば、交感神経の緊張した状態を言うのですが、いつも休息をして副交感神経の優位すぎる状態も体にとってはひとつのストレスなのです。
すなわち、休み過ぎることによって体の様々な機能が低下し、病気をきたすことがあるのです。

休息をし過ぎることのデメリットは他にもあります。
ごく一部の人を除き、多くの人は何ら生産的な活動をせずに休息ばかりしていると、ものの考え方が受け身になってきます。
受け身になってくると、人は「自分の人生とは何だろう」「何のために生きているのだろうか」と自分のアイデンティティを求めるような思考にとらわれ始めます。
あるいは、家族などの周囲の言動に過敏になり、ちょっとしたことでイライラしたり、落ち込んだりするようになります。
エネルギーがある人が過剰な休息をすると、そのエネルギーが腐敗し、腐敗した状態で心と体を巡り、あらゆるマイナス思考と病気を生み出すのです。

交感神経の緊張が続き、エネルギーがなくなっている人には休息がとても必要です。

一方、いくら「しんどい」「やる気がない」と言いながらも、自分が楽しいと思うことには行動することができたり、周囲の言動にイライラしたり、怒ったりする人にはエネルギーがあります。
そのエネルギーを休息によって溜め込むと、さらなる病気を生むのです。

そうした人の場合、休息をしていてはいつまで経っても、その状態から脱することはできません。
マイナス思考に囚われ、副交感神経の優位すぎる状態からの第一歩は、かなりしんどいものです。
しかし、その第一歩を踏み出し、体を動かし、そして、頭を動かすことです。
自分の成長や人の役に立つような生産的な活動を行っていくことです。
それが健康への道です。

人の心と体は活動するように作られており、本来、働いている方が健康なのです。
エネルギーの充電のための休息は必要ですが、休息をとり過ぎないことも大切であるということを知っていただければと思います。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ