コラム

 公開日: 2011-07-24 

小さな大きい心がけ

ここまでの人生を振り返ったとき、
    「よくここまで成長したなあ」
    「よくこれだけのことができるようになったなあ」
    「よくこれだけの実績を出せるようになったなあ」
とふと思うことがあります。

自分の理想はまだまだ先にあり、まだまだと思うことはたくさんあります。
ただ、少なくとも5年前、10年前、20年前の自分と比較すると、ある意味、別人のように変わってきたと思うのです。

例を挙げれば、本当にきりがありません。
研修医や研修医を終えたばかりの自分は、目の前の患者さんがなかなかよくならず、医者としてのアイデンティティを持てずにいました。
それが今では、「診察に来ると、帰りにはいつも元気になっている」という方がいたり、「通院するようになってから、自分自身も変わったと思う」という方がいたり、人生そのものが劇的に変わった方がいます。
そして、かつてはアイデンティティを持てなかった自分自身がこの仕事を天職のひとつだと思えるようになりました。

またこんなこともあります。
当時、ひとつの講演を行おうとすれば、私には少なくとも1ヶ月以上の準備期間が必要でした。
講演で話す内容は「みなさん、こんにちは」から一字一句全部書いてまとめ、何十枚もの原稿を持って臨んでいたからです。
それが最近では短いときには前日から準備を始め、ポイントだけをまとめて臨むようになりました。
その評価はというと、最初の頃は「よくまとまっている」というものだったのですが、次第に「とても情熱的なお話で、わかりやすかったです」というものに変わってきました。
現在では「思わず引きこまれるようなお話で、あっという間に時間が経ってしまいました」というものが多くなっています。

久々に会った学生時代の仲間には、その見かけや雰囲気から「本当に変わらないな」とよく言われます。
ただ自分自身の中身であるものの考え方や感じ方、生活は以前とは全くレベルが違います。

なぜ、これほどに変わることができたのかなあと振り返ると、それは小さな心がけを持ち続けたからだと思うのです。
常に自分に対して問題提起し、半歩でも一歩でも前進しようと、数々の小さなことを心がけてきました。
本当にささやかなことです。

診療においては一人ひとりに対して現状に妥協することなく、少しでも、あと半歩でもよくできないかなと考え続けました。
その努力は時間にすると、診療が終わった後のほんの数分、きっと他の先生よりも考える時間が多かったのだと思います。
それがあるときから明らかな実績となってあらわれるようになりました。

講演準備をするにしても、いろいろな本や文献を調べてそれをまとめて話すだけではなく、何かもう一工夫できないかと考え続けました。
同じ演題の講演を要請されても、必ず前回とは何かひとつ違う新たな視点の話を入れようと心がけました。
その結果、こんなエピソードがあります。
以前の職場で、いつもマネージングをして講演に同行してくれていた保健師さんに
    「いつも同じ演題の話を聞いてくれているけれど、飽きてこないですか?」
と訊いたところ、
    「先生の話は同じ演題でもいつも話が違うので、勉強になるし、面白いです」
と言ってくれました。
それを聞いて、私自身も少し嬉しく思いました。

自分を変え、人生を変えられるかどうかは、実は毎日のほんの小さな心がけの差です。
それがあるときに、大きな結果となってあらわれてくるのです。

私は診療の中で
    「このようにしてみたらどうですか?」
といったことをよく話します。そして、
    「もしそれができなければ、少しでもそのようにしようと心がけるだけでもいいですから…」
と話します。

実際にそのように心がけて下さる方もいれば、それができない方もおられます。
素直さがあり、自分を変えて成長したいという思いのある方は、そうした心がけを実践できます。
その結果、治療を積み重ねていく中で、着実に変化が生まれてきます。
最初は「本当にこんなことで変わるのかな?」と思うようなほんの小さな心がけからスタートです。
それが、ある一定の時間を経たときに「いつの間にかこんなところまで来ていたんだな」とその変化に気付くことになるのです。

人が成長し、自分が変わっていくためには、小さいけれども大きな結果を生み出す、小さな大きい心がけが大切です。
あとはそれを信じて、毎日毎日その小さな心がけを実践できるかどうかです。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ