コラム

 公開日: 2011-06-22 

心配は愛? 

いつも人のことを心配し、気にかけている人がいます。
そうした人は「やさしい人だ」「思いやりのある人だ」と思われるものだと思いますが、ある意味、その通りです。
実際、私自身もそのような生き方をしてきましたし、そうだと思っていました。

ただあるときから少し見方が変わってきました。
じっとそうした人を観察していると、
    「本当にやさしく、思いやりがあるから、心配しているのだろうか?」
    「はたしてその心配は、純粋に相手を思う愛の気持ちによるものだろうか?」
と思うようになりました。

よく見ていると、いつもいつも人のことを心配し、気にかけている人には自らの心に不安があります。
    自分自身が不安なのです。
    自分の存在価値への不安があるのです。
そして、
    自分の中にある不安を人の中に見ているのです。
自分の中にある不安を人の中に見て、その人の不安を癒そうとしながら、自らの不安を癒している面があるのです。

自らの中に不安のない人というのは、普段は屈託なく、目の前の自分のやることだけに集中して生きています。
もちろん困っている人がいれば心配し、気を配り、手を差し伸べます。
ただ必要以上に心配して手を差し伸べることはしません。
基本的には、大きな目でその人の人生を見守っています。
その人が自らの力で歩もうとする姿を見守り、その人が自らの力だけでは進めなくなったときにまた手を差し伸べます。
ある意味、その人の力を信じています。
また自分にできることは何だろうかということを理解し、自分の役割を果たすことに心を注いでいます。

しかし、自らが不安な人は必要以上に相手のことを心配します。
昨年の今頃に「大丈夫?」とタイトルのコラムを書きましたが、そこにあるように心配探しをしていることもあります。

学生時代、掃除の時間になると、サボろうとする人がいました。
そのとき、真面目に掃除をしている人には、ふたつの反応パターンがありました。
サボる人がいても、自らは淡々と掃除を続ける人。
サボる人がいると、気になって仕方がなくて、文句を言ったり、怒ったりする人。
この差は何なのか?
よく見ると、自分もサボりたいと思っている人ほど、サボっている人にいらだつものです。
それは自らの心の中にあるサボりたいという思いを、サボっている人の中に見て、いらだつのです。

過剰な心配も同じです。
自らの中にある不安を相手の中に見て気にかけるのです。
それは純粋な愛とは言えません。

心配というのは基本的には相手を思ってのことです。
もし自らの不安を相手の中に投影していると、心配してもらっている方はありがたく思うこともありますが、何となくしんどく感じることもあります。
それは「不安でしょう。怖いでしょう。だから、私が助けてあげないとあなたはダメなのよ」というメッセージを暗に送られ、自分の中にある不安を引き出されるからです。

人を心配する心が、不安からくるものか?純粋な愛からくるものか?
心配してくれる心が、不安によるものか?愛によるものか?
両者が入り混じっていることもあり、難しいところがあります。

ただ相手を心配するときには
    自分の不安を投影して、必要以上に心配をしていないか?
それを自らに問い、出来る限り愛の純粋さを高め、心配することが大切ではないかなと思います。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ