コラム

 公開日: 2010-09-03 

心の病気の本について思うこと


今日の話は、あくまで私個人が主観的に感じていることです。
いろいろな考え方の人がおられると思いますので、ひとつの参考にしていただければと思います。

現在、心の病気に関する本がたくさん売られています。
ただ私はごく一部の本を除いて、読むことがしばしば億劫になったり、苦痛になったりします。

それらの本を読んで、病気の知識を得られるのはいいことです。
特に科学的な知識については、本や論文を読まなければ、最新の知見を得ることはできません。

ただこうした本は、難しく書かれたものが多いように思います。
特に、心理学や精神分析に関する本は難しい。

心理学や精神分析の本を読むと、心の病気を持った人をそのように分析するのはいいけれども、どのように治すのかといった点において明確に見えないものが多い。
分析できるようになったことで、わかったつもりになるのは良くないことです。
心の病気を持った人の心を理解し、そこから脱する方法まで見えて実践できることが大事なことです。
分析だけをしてもっともらしく語られても、心の病気の人にとっては何の意味もありません。

またこうした本は読むと余計に不安になったり、神経質になったり、しんどくなったりすることがあります。
それは、書いている人がいつも最悪のことを考え、ネガティブな思考をしていることが多く、その雰囲気が伝わってくるからです。
「~は危険です」「~に注意しなさい」といったマイナスの視点からとらえる傾向性は、ある意味、医者の心の習性です。
病気ばかりを見ていると、どうしてもマイナス面を見る目が強くなります。

大事なのはマイナス面を知りながら、それを超えて、人間そのものの可能性を見つめる視点です。
人間そのものの幸福を考え、いかにして希望を見出すかという視点です。

クリニックの本棚にはある1冊の本を除いては、心の病気に関する本を置いていません。
置いてあるのは、心の持ち方を変えて、人生そのものを変えるきっかけになる本です。
先日、その唯一の心の病気の本を読んで「怖くなった」という方がいました。
決して暗い本ではないのですが、このように病気の本を書くときには、読む人の心を十二分に思いやることが大事なことではないかと思います。

いずれ、病気は病気として正面から向き合いながら、そこから人生の幸せを見いだせるような本を書いて出版することができたらなあと思います。
そのような本はほとんどないので、きっと多くの人の心の希望になるのではないかなと思っています。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ