コラム

 公開日: 2010-08-28 

不安?…それとも、うつ?①-「うつ病への対応⑬」-


不安とうつとの関連性、アプローチの違いについて考えてみたいと思います。

何かストレスを受けて気分が落ち込み、意欲がなくなり、うつになる。
これがうつ病を発症するときの典型的なパターンです。

しかし、うつになるにはいろいろなパターンがあり、最初にまず強い不安が出てくる人がいます。
何かプレッシャーに対して不安になり、その不安を解消する手段を見つけられず、さらに不安が強まり、そのうちに気分が落ち込み始める。
そんな形で、うつに陥る人がいます。

ある一瞬だけを見れば、うつであっても、その心の奥にあるのが純粋のうつか、あるいは不安か、その見極めで治療が変わってきます。

先日も別の病院で「うつ病」という診断を受け、休息と抗うつ薬の内服を促された患者さんがなかなかよくならないということで、私のクリニックに来られました。
お話を聞くと、いろいろなことにプレッシャーを感じて強い不安があり、そこから気分の落ち込みが出てきて、何もする気がしないような状態になっています。

確かにうつ病と言えばうつ病ですが、私が見る限り、その方のうつ病というのは一時的な状態にしか過ぎず、その奥にある不安感こそが問題のように感じました。
そこで私は、こんなふうに説明をしました。
    「今の状態はうつですが、問題は心の奥にある不安な気持ちや恐怖感だと思います。
    治療にあたってはまずは、その不安をとることが重要だと思います。
    『不安をとるためにこのように考えて下さい』と言うと、頭ではわかっても、気持ちというのはなかなかついてこないところがあります。
    そうしたときにはまず、お薬を飲んで、不安を軽減するのがいいと思います。
    もちろんそれだけですべてが解決はしません。
    しかし、うまくすると、それだけでも大分楽になり、今の症状は改善する可能性があります。
    ただ最も重要なのは、その不安の原因となっていることに対してどうすればいいかを考え、具体的に対処し、ストレスをなくしていくことだと思います」
このように話し、不安の原因となっている問題に対しては、心の面から見た対処方法をいくつか述べ、それぞれの方法をとったときの見通しまで話をしました。

その方は、まずわけのわからなかった自分の状態を理解することができました。
また、そこから脱するためにはどのような方法をとることができるのかを知り、なぜその方法がいいのかという論理的な理由も知ることができました。
さらに、今後の見通しを持つことができました。
薬については、これまで内服していた抗うつ薬をやめてもらい、抗不安薬だけを内服していただきました。
病気の本質を不安感と見たので、不安をなくし、安心感を持ってもらうための治療を行ったのです。

次の診察のとき、「どんな状態になっておられるかな?」と思って待っていました。
診察室に入ってくる表情を見ると、すっかり明るくなっています。
「おかげさまで楽になりました」と言われ、うつ症状も消失しています。

単なるうつ病ではなく、その奥にある不安こそが本質であると見極めてアプローチした結果、よくなられたのです。
どんな病気も、その表面的な症状や病気を見ているだけではしばしば不十分です。
心を観(み)ることです。
心の奥にある本質の状態を見極めるのです。

不安とうつのひとつの関係は、不安からうつになることがあるということです。

そして不安からもたらされたうつ状態の場合、その見極めが治療の違いにもつながるということを知っていただければと思います。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ