コラム

 公開日: 2010-07-19 

なぜかよくなる


このマイベストプロのコラムは、本当にいろいろな方が読んで下さっているので、ある意味、偏った話を控えるように心がけています。

お釈迦様は対機説法と言ってTPO、時と場所と目的に応じた説法をされていたと聞きます。
本当に相手の心に響くような話というのは、TPOをわきまえた対機説法のような話です。

しかし、こうした対機説法のような話をどこでも行うと、TPOに合っていない相手には誤解を与えたり、誤った導きを与えたりすることがあります。
だから、誰もが読むコラムでは、一部の人には通じるけれども、一部の人には誤解を与えかねないような話は控えています。

今日はそうしたことを踏まえた上であえて、「なぜかよくなる」という話をしたいと思います。

医者になってからこれまでの治療を振り返ると、最初の頃は、どのように関わればいいかわからず、ほとんどの方が良くならないという現実に苦しみ続けた毎日でした。
一生懸命に頑張ろうとするのですが、どの方向性に向かって頑張ればいいのかがわからなかったのです。

医者になって8年目頃から方向性が見えてきて、今度はとことん自分への挑戦をしていこうと思うようになりました。
良くならなければ良くなるまで頑張る。
どのように頑張ればいいかわからなければ、とにかく患者様と毎日でもとことん話をし続けて活路を見出す。
毎晩、いろいろな本を読んだり、その患者様のことを考えて瞑想したりする。
一部の患者様には、毎日毎日1~2時間ずつ話すような診療を続けたこともあります。
開かない扉があっても、叩き続けて開こうとする。
それが当時のスタンスで、学会で発表をすると、
    「結局は先生の情熱と粘りでよくなったのでしょう」
と言われたことが何度もありました。

それが2年前に開業をしたことで、新たな道を切り開くことを余儀なくされました。
力づくで頑張るというやり方は、十分な診療時間を確保できる入院治療では可能だったのですが、限られた時間に多くの方の診察をしなければならない外来診療では限界が見えてきたのです。
患者様に接触する時間の量で押し切るやり方ができなくなった今、考えたことは
    「いかにして質をあげるか」
ということでした。

短時間の中で、いかに質を込めた診療を行い、成果を出すか?

ここからが一部の人から見ると普遍的ではない変な話なのですが、今は「自分が治そう」という自我の意識をなくすことに力を注いでいます。
相手の患者様のことを思って、何とか良くなっていただきたいと思っていますが、自分自身はいかにして力を抜いて、平静な心を維持した本当の自分でいるかということに心を傾けています。

私はゴルフをしていて、まだ初心者なのですが、止まっているボールをじっと見つめて打とうとすると、必ず力が入って当たり損ねになったり、変な方向に行ったりします。
ゴルフというのはボールをあまり見つめすぎないことが大事なようです。
それよりも体の力を抜いて自分にとって自然なスイングを心がけて振ったときに会心のショットを打つことができます。

診療も同じだと思います。
普段から患者様に良くなっていただくための方法を勉強し続けていることは大事なことです。
しかし、いざ診療の場面では自分が治すということを意識しすぎず、力を抜いた自然体でそのときに感じた言葉を投げかけ、ときには優しく、ときには厳しく接していくことが大事なことだと思うのです。
難しい言葉で言うと、少しでも“無我に近い境地”を目指すことだと思うのです。

すると、不思議なことに何気なく発した言葉や態度が患者様の心に響き、とても大きな変化をもたらすことが多くなってきました。
    「なぜかよくなる」
のです。
私自身も常に向上を目指す道程の中にあり、まだまだのときも多くあるのですが、「なぜかよくなる」という体験が多くなり、思わず笑みを浮かべてしまう自分があります。

治療にとって一番大切なことは、治療者自身が「本当の自分」となり、いかにして“無我に近い境地”を維持するかということではないかと思います。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ