コラム

 公開日: 2010-06-12 

休息期と回復期の違い-「うつ病への対応⑩」-


うつ病になって医者から仕事を休むようにと言われ、いざ仕事を休み始めても「体のために散歩くらいした方がいいだろう」と思って運動をする人がいます。
しかし、早く治したいのであれば、これは明らかによくない行動です。

うつ病とは、すべての活動エネルギーが低下した状態です。
だから、休息が必要になります。
それに対して、散歩はエネルギーを消耗させる行為です。

うつがひどいときに頑張って散歩をすると、さらにうつを悪化させます。
実際にうつにもかかわらず、無理をして散歩をしていたという人に
    「散歩してどうでしたか」
と訊ねると、
    「それがすごく疲れるんです。
     疲れてしまって、その後何日かは気分もより落ち込み、まったく動けなくなりました」
と言われます。

うつ病にも時期や段階があります。
うつの最も状態の悪い時期というのは『休息期』です。
無理に「~しなければならない」と思って、散歩などの運動をしてはいけません。
“怠け者”のようにただひたすらに休息に徹することです。

一方、十分に休息して「退屈だな」「そろそろ何かしたいな」という気持ちになってきたなら、それはエネルギーが回復してきている証拠です。
『休息期』を終え、『回復期』に入ってきたということですから、むしろ散歩などの運動を積極的に行い、徐々に体力をつけていく時期です。

但し、まだエネルギーは十分ではありません。
    『行動は自分のイメージしている7割程度に抑える』
ことです。

ここで調子に乗って頑張りすぎると、すぐに疲労感を感じます。
それに伴って再び気分の落ち込みなどを感じるようになります。
うつはよくなってきていたのですが、エネルギーが不十分にもかかわらず、頑張りすぎたことで一時的に、再びエネルギーがなくなったのです。

自分のやりたい行動の7割程度に抑え、無理をしないで運動を続けていると、徐々に体力も回復してきます。
この段階は、しばしば数ヶ月~半年程度かかることがありますが、決して焦らないことです。
焦らなければ、必ず時間とともに回復してきます。

治すためには順序があります。
家を建てるにも、まず土台を作り、その上に家を建てます。
もし土台が固まっていない状態で焦って家を建てようとすれば、その家はあるレベルで崩れてしまいます。

うつ病の治療でも、休息期に無理して本来は回復期に行うべき運動を行っていると、結局はうつをより悪化させることになります。
十分な休息によって土台を作り、その土台ができたことを確認した上で、運動というリハビリを行って体力を回復させ、健康を取り戻すことです。

「うつ病のときの行動は休息期と回復期で異なる」ことを知っていると、よりスムースな回復を目指すことができると思います。

この記事を書いたプロ

いずみハートクリニック [ホームページ]

精神科医 泉和秀

兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL:078-453-8010

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
泉和秀 いずみかずひで

誰もが持つ“ダイヤモンドの心”。その輝きを取り戻すために(1/3)

 神戸・岡本、山手幹線沿いにある「いずみハートクリニック」。明るい表通りに面したこのクリニックを昨年(2008年)4月に開業したのが同院長・泉和秀さんです。 自然光がふんだんに射し込む受付・待合室から診察室まで、全室にわたり院内だという...

泉和秀プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : いずみハートクリニック
住所 : 兵庫県神戸市東灘区岡本2-7-3 ピークス岡本3F [地図]
TEL : 078-453-8010

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-453-8010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉和秀(いずみかずひで)

いずみハートクリニック

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
自分の時給を決める

小平つかささんの「やりたいことだけして生きていく」という本にこんなことが書かれていました。「あなたは、自...

医療における奇跡

医療の世界に奇跡があるかという話になると、大部分の医者は否定するような気がします。ただ現実には奇跡のよう...

自分のことは自分が一番わかっている!?

「自分のことは自分が一番わかっている」これまでの人生で、人がそんなふうに話すのをよく聞いてきました。そ...

「最近、多いよね」

「最近、良くなって治療が終わる人が多いよね」受付の子とそんな話をしています。一般的に医者、特に心の医...

「疲れた」

夕方になると思わず「疲れた」という言葉が出てしまいます。理想は、いつも元気でエネルギーに満ち溢れている姿...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ