プロTOP:吉博久プロのご紹介

工事業者と周辺住民のトラブルに備える近隣家屋調査の専門会社・竣工写真専門会社(1/3)

近隣家屋調査と竣工写真撮影のプロ 	吉博久さん

工事前に近隣家屋の現状を記録し、データを事業者と家主に提出

 建物の新築増築工事や解体工事、道路工事などの際、振動などによって現場に隣接する家屋が破損変状する可能性があります。そのようなトラブルに備え、工事前に近隣家屋の現状を記録する仕事が近隣家屋調査です。

 「工事は長期間にわたることも少なくないため、近隣の人が不安な気持ちになり、古い傷やヒビを工事による損傷だと錯覚してしまうこともあります。調査をすることで、施主や施工業者が責任を問われたり訴えられたりすることを回避することができます」と語るのは、近隣家屋調査を専門に行う有限会社イセヤ代表の吉博久さん。

 同社の特徴は、写真で家屋の状態を正確に記録し、分かりやすい資料作成に徹していること。内壁・天井・床の亀裂、内壁と柱との隙間、柱・塀などの傾斜、敷居・床の水平などを詳細に調査し、傷やヒビなどがあれば、スケールを使って大きさや幅がはっきりと分かるように高精細な画像を撮影します。

 「特別な要望がない限り立体図は作成しません。また、傷やヒビがある場所を示した平面図も添付しません。むだな資料で体裁を整えず、あくまでも写真で分かりやすく表現することがイセヤの方針。『デジタルカメラは画像加工できるのでは?』と不安を感じる方もおられるので、現場を撮影した直後に資料とデータを納品します」

 万一、近隣家屋の状態に問題が発生した場合は、それが本当に工事の影響なのか否かを、資料を見て確かめなければいけません。吉さんは、膨大な数の調査写真を素早く閲覧できるよう、家屋ごとにアルバムとして整理した資料データをDVDに保存し、冊子とセットにして施工業者と家主に提出します。「このDVD調査資料は、従来の資料と同じレイアウトなので、パソコン画面上でページをめくりながら閲覧できますよ」

 資料写真は拡大できるので、クラック(ヒビ)の先端がどこまで伸びているのか、隙間の幅はどの程度なのかといった細部も詳細に表示されます。1枚のDVDに10軒前後、1000カット程の画像、データを収めることが可能。これは、紙ならA4サイズで厚さ20cmの資料に相当しますが、DVDなので保管場所に困ることはありません。

<次ページへ続く>

【次ページ】 アングルにもこだわり建物の魅力を的確に捉えた竣工写真も好評

吉博久プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

プロの建築撮影による分かりやすい近隣家屋調査に強み

会社名 : 有限会社イセヤ
住所 : 兵庫県神戸市灘区福住通5丁目2-11 [地図]
TEL : 078-861-5351

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-861-5351

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

吉博久(きちひろひさ)

有限会社イセヤ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ