>   >   >   >   >  兵庫県調査業協同組合

中野真理子

なかのまりこ

兵庫県調査業協同組合

[ 神戸市東灘区 ]

兵庫県調査業協同組合

依頼者の信頼を集める兵庫県公認の調査業組合

イメージ

 小説やドラマでは華やかさや、ハードボイルドなイメージばかりが先行する調査業(探偵)業界。しかし、その実態は私たちの想像以上に地味で過酷、そして複雑な世界です。また、業者の中にはそんな一般認識の甘さを逆手に取った悪質な業者がたくさん存在します。そんな中、誰もが安心して調査を依頼できることを目指す、兵庫県公認の「兵庫県調査業協同組合」があります。

 「兵庫県は従来、調査業者の質が悪く、非情に苦情が多い地域だったんです。そこで県知事の認可を頂いて、優秀な調査業者を集めて組合組織にしてみてはどうかという話になったんですね」。

 そう話すのは同組合の理事長を務める中野祥弘さん。かつて日本調査業協会の会長を歴任し、現在も全国調査業協同組合の副理事長を務めるなど、今の調査業界を牽引し続ける方です。「兵庫県調査業協同組合」の仕組みはシンプルに言えば共同受注。中野さんの会社である「日本総合調査センター」をはじめ、兵庫県の調査業者15社を集めて結成された同組合で、まずは案件の全てを中野さんが窓口として請け、仕事の受注可否や、金額的なことも全て処理。その後、調査内容に適した各業者への仕事の発注から、各報告書の確認まで全て中野さん経由で行われるので、依頼者にとっては手間も少なく安心感も高いシステム。共同受注と一言で済ませられますが、自分の会社だけを監視するならまだしも、15社全ての動きを常に把握することは決して簡単なことではありません。平成16年の開組以来、大きなトラブルもなく継続できているのは、中野さんが努力を惜しまず継続してきた結果なのです。

この記事のURL

社会にはびこる悪質調査業者を撲滅するための揺るぎないスタンス

イメージ

 調査業者の模範として全国的にも認知されつつある「兵庫県調査業協同組合」。弁護士や消費者センターからの信頼も厚く、依頼者の中にはそれらの組織から紹介されて来るケースも多いそうです。

 「(調査業者で)こんなに大きな看板を出しているところはそうそうないですよ。探偵業者ってどうしても胡散臭いイメージに思われるんですが、ここに来てもらえれば、そうじゃないと分かってもらえると信じています」。と話す中野さんが目指すのは調査業界全体の社会的認知。そのためにはまず悪質業者を撲滅していかなければなりません。

 「無届でやっている業者はそれだけで処分の対象になりますが、届出ている業者の悪質な事例が後を絶ちません。安くて多くの仕事を請け負うというのが悪徳業者の常で、報酬は取っても、まともな調査をしない。調査業は掛け持ちでやって手が回るような仕事ではないんです」。

 そのほかにも、まともな調査報告書を出さない業者や、調査をしていたという証拠を出してくれない業者、中には調査料金とは別に多額の成功報酬を要求するという業者もあると彼は話します。

 「我々は調査は成功して当たり前と考えています。言い方は悪く聞こえますが、仕事は選ばせていただいている。というのも依頼者の中には戸籍謄本や住民票を取ってと無理を言う方がいるんです。でも申し訳ないが、うちではできないと、はっきりお断りさせていただきます。法を犯してまで仕事をすることは断じてならないことですから」。

 どんな仕事も引き受ける業者が今でもたくさんあることは事実。しかし中野さんは、調査業の最前線に立つ人間としての姿勢を貫くことで、業界全体に清浄化を訴えかけているのです。

この記事のURL

“探偵業法”の質の向上を呼びかけ、調査業の永続を願う

イメージ

 平成19年に施行が開始した「法律第60号探偵業の業務の最適化に関する法律」(通称“探偵業法”)。同業法の実現により、調査業が届出制になったことをはじめ、さまざまな制約が生まれたことで、多数の悪質業者、悪質行為を撲滅することができました。

 「業者の中には『法律ができたせいで仕事がなくなった』というところもたくさんあることは事実です。しかし我々からすれば、本当に依頼者を守るため、そして業界が社会的に認知されるためには絶対に必要な業法だったんです」。

 「日本総合調査センター」の看板を掲げて早30年。「兵庫県調査業協同組合」の理事長として探偵業法に則したクリーンな調査業を続ける中野さんですが、彼の視線は常に業界の先を見据えていました。

 「ようやく探偵業法ができましたが、それに満足せずに、今度は業法の質の向上を目指さないといけません。2年後に探偵業法が見直しになるのですが、それに間に合うように我々が現在、手掛けていることが、探偵試験の導入なんです。1級、2級というように級を設けて、探偵士を養成し、依頼者から信頼できる人間を育てていこうと。我々はもう年ですので、次の世代の人間がこの業界を担っていかなければならない。調査業そのものが永久に続くこと、それが私の夢なんですよ」

この記事のURL
兵庫県調査業協同組合
イメージ

 小説やドラマでは華やかさや、ハードボイルドなイメージばかりが先行する調査業(探偵)業界。しかし、その実態は私たちの想像以上に地味で過酷、そして複雑な世界で...

 
このプロの紹介記事
中野真理子 なかのまりこ

県知事認可の兵庫県調査業協同組合が悩みを解決(1/3)

近年、情報化社会が進む一方で人間関係は希薄になり、情報の選択と吟味が必要になってきました。浮気・行方といった各種調査、ストーカー対策や盗聴器発見など、調査探偵業のニーズは日々拡大しています。兵庫県調査業協同組合の理事長を務める中野真理子...

中野真理子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

所属 : 兵庫県調査業協同組合
住所 : 兵庫県神戸市東灘区御影中町1丁目6番6号 グランディアみなと神戸御影館4階 [地図]
TEL : 078-854-3456

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-854-3456

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中野真理子(なかのまりこ)

兵庫県調査業協同組合

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ