コラム

 公開日: 2016-03-24 

平安道齋 ~ ドウサイ ~  兜飾り 2016年度

鈴甲子雄山のハイクラス
今回ご案内させて頂く作品は、鈴甲子雄山(すずきねゆうざん)さんのハイクラス作品「道齋」作の兜飾りです。

へいあんどうさい
兜正面部分です。重厚な金具にかっこいいデザイン。

平安道斎
櫃の金具は二重金具での唐草文様となっております。
下地はシルバーの松葉柄、上金具は唐草となっています。部品だけでもでもこだわっているのが伝わります。

平安道齋
鉢の後ろ側です。
錣(しころ)はメッキではなく、金箔押しで制作されています。
紐は正統派の「朱赤」色の縅紐(おどしひも)を使用し、均等に丁寧な通し方をされています。
鉢も本式の制作方法「矧ぎ合せ鉢」となっており、無数の星(鋲)で重厚なデザイン。

※縅・・・錣に編んでいる紐の事。一説によると、緒を通し(おをとおし)が変化して、おどおし→おどし になったとか。

平安どうさい
唐草の金具を多数使われていたので、屏風もオシャレな唐草文様でコーディネート。

兜を引き立てる為、弓矢は一本タイプをセットしてスッキリさせています。

こちらの弓と太刀も共にプラスチックの部品は一切使用しておらず、スマートにもかかわらず重厚な作りとなっております。

背景の紺地の屏風が、煌めいている兜を見事に引き立ててくれています。

そこに紅一点の忍びの緒が差し色となり、全体に「締まり」をつけてくれています。

これだと大人になってからも飾りたくなりますね~(笑)。

この記事を書いたプロ

福順号 [ホームページ]

販売職 江戸唐音

兵庫県神戸市中央区雲井通5-3 サンパル1階 [地図]
TEL:078-221-1992

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ♪
松寿

お雛様のご購入を予定されている方、福順号『マル得』情報の案内です♪※2015-09-27 【コラム】同一内容11月1日より羽子板、雛人形の販売開始となります。今年も...

オリジナルひな人形
小出松寿の親王飾り

お買い上げ頂いたオリジナル商品を一部掲載いたしております。お人形は古典的な紋様の衣裳なのですが、淡く優しい色なので全体的に朗らかな風合いとなっています。お...

 
このプロの紹介記事
江戸唐音 えどとうと

ひな人形、五月人形の素晴らしさを伝える神戸の人形店(1/3)

神戸に店舗を構える福順号は創業70年の老舗人形店。ひな人形や五月人形、羽子板、破魔弓など節句に関する商品を幅広く取り揃えてます。節句は、子供の健やかな成長を願う行事。親が子供を思う気持ちは今も昔も変わることなく、初節句をお祝いするのために雛...

江戸唐音プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「えっ?人形選びってこんなに楽しいの!?」をご案内♪

会社名 : 福順号
住所 : 兵庫県神戸市中央区雲井通5-3 サンパル1階 [地図]
TEL : 078-221-1992

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-221-1992

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江戸唐音(えどとうと)

福順号

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
お客様から頂く報酬です♪⑱
イメージ

コラム『最大の「報酬」』同様、お買い上げ後にお客様から頂く報酬(御手紙・メール)です(笑)。今回は当店...

[ お客様からの報酬です♪ ]

福順号の店内♪ 五月人形バージョンです。 
イメージ

福順号の店内画像をご紹介いたします♪今年も素敵な作品達が勢ぞろい致しております。サイズ、ご予算、...

[ 五月人形(鎧・兜・鯉のぼり) ]

五月人形 2017年度の混雑予想 
イメージ

 五月人形の下見ご購入をお考えの方に 店の2017年度版【混雑予想】、【大混雑予想】を下記にてご案内。...

[ 五月人形(鎧・兜・鯉のぼり) ]

皮肉なもんで(笑)。
イメージ

今日は楽しい雛祭りなので、お雛様を眺めながらいっぱい...と言いたい所ですが、皮肉なもんで人形屋は今の...

[ 五月人形(鎧・兜・鯉のぼり) ]

本日はひなまつり♪ 
イメージ

本日3月3日は雛祭り。雛人形は家族の絆、みんなの思いが詰まった大切な宝物。初めて節句をお迎え頂く...

[ お雛様 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ