コラム

 公開日: 2012-07-25  最終更新日: 2014-08-01

花火屋がすすめる花火① ≪ 銀燕  打ち上げ ≫

個人的に好きな花火、おすすめしたい花火達をご紹介していきます。

今回は打ち上げ花火『銀燕』です。

打ち上げ花火  銀燕

打ち上げ花火には大きく分けて二通りあります。

打ち上がった上空で火花が開く一般的な『打ち上げ花火』。。

それともう一つは『連発打ち上げ』と言うタイプで、残念ながら上で開かないのですが火の玉が数多く打ち上がります。

今回ご案内させて頂いた『銀燕』はどちらかと言うと一般的な打ち上げ花火なのですが、残念ながら上空で開きません(笑)。
『えっ?じゃ何が楽しいの?』と突っ込まれそうですね。

実は、銀燕の見どころは打ち上がった瞬間から上がる間に  ギラギラギラッ と銀色の美しい光を放ち上がっていきます。  

一瞬ですが夜空に銀の柱が一本出来上がる感じです。

幼い頃友達の家で泊り会でした花火で、子供ながらに「名前覚えとこ」と思った花火です。

しょっぱなから私の一番好きな花火を紹介してしまいました。

次回はなにを紹介しようか、今晩じっくり考えます(笑)。


その他の花火シリーズコラムです↓
花火シリーズコラム   ~  まとめ  ~



兵庫県神戸市中央区雲井通5丁目3サンパル1階
電話番号:078-221-1992
e-mail :info@hukujungo.com
担当 : 江戸 唐音 
HP :http://www.hukujungo.com

この記事を書いたプロ

福順号 [ホームページ]

販売職 江戸唐音

兵庫県神戸市中央区雲井通5-3 サンパル1階 [地図]
TEL:078-221-1992

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お知らせ♪
松寿

お雛様のご購入を予定されている方、福順号『マル得』情報の案内です♪※2015-09-27 【コラム】同一内容11月1日より羽子板、雛人形の販売開始となります。今年も...

オリジナルひな人形
小出松寿の親王飾り

お買い上げ頂いたオリジナル商品を一部掲載いたしております。お人形は古典的な紋様の衣裳なのですが、淡く優しい色なので全体的に朗らかな風合いとなっています。お...

 
このプロの紹介記事
江戸唐音 えどとうと

ひな人形、五月人形の素晴らしさを伝える神戸の人形店(1/3)

神戸に店舗を構える福順号は創業70年の老舗人形店。ひな人形や五月人形、羽子板、破魔弓など節句に関する商品を幅広く取り揃えてます。節句は、子供の健やかな成長を願う行事。親が子供を思う気持ちは今も昔も変わることなく、初節句をお祝いするのために雛...

江戸唐音プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

「えっ?人形選びってこんなに楽しいの!?」をご案内♪

会社名 : 福順号
住所 : 兵庫県神戸市中央区雲井通5-3 サンパル1階 [地図]
TEL : 078-221-1992

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-221-1992

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江戸唐音(えどとうと)

福順号

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
福順号 営業案内♪
イメージ

花火の販売も残すところあと一日となりました。花火屋から人形屋へバトンタッチさせて頂ます♪下記にて10...

[ その他(人形屋の話) ]

お客様から頂く報酬です♪⑯
イメージ

コラム『最大の「報酬」』同様、お買い上げ後にお客様から頂く報酬(御手紙・メール)です(笑)。前年度お...

[ お客様からの報酬です♪ ]

~ まいこ ~手刺繍仕上げ  親王飾り
イメージ

福順号こだわりのセットをご紹介♪今回はひいなさんこと清水久遊さんのかわいい手刺繍衣装の作品です。...

[ お雛様 ]

準備完了♪いよいよ明日から。
イメージ

たった今お雛様を並べ終え、明日11月1日からの営業の準備ができました。今年も素敵な「羽子板」「破魔弓」「...

[ その他(人形屋の話) ]

~ あしや ~ 袋帯と海老茶色の唐紙
イメージ

福順号こだわりのセットをご紹介♪今回は京都の名門「寿峰」さんのハイクラス作品、袋帯の親王様です。袋...

[ お雛様 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ