コラム

 公開日: 2010-03-23 

弊社が損害保険を取り扱う訳?


弊社は、建設業を主とし、宅地建物取引業と一級建築士事務所も併設しています。

さらに損害保険の代理店業務もしています。


今日もその保険法人の更新のため、1日中神戸で講習会に参加し勉強してきました。また、保険の商品専門分野の試験もあります。



損害保険とは、

風水害などの自然災害や自動車の衝突事故など、偶然な事故により生じた損害を補償するのが目的であり、保険会社が予想する損害率に応じて保険料(損害保険料)が定められる。

大きく分けて、損害保険には自動車保険や火災保険、傷害保険がある。


そして、

損害保険の代理店役割は、

消費者・保険契約者と保険会社のパイプ役となり、「知識」「情報」「交渉力」などの格差を緩和し、消費者・保険契約者を様々な危険から守るべく最適な保険提案を行うことです。


また、万一災害や事故が発生した場合は、迅速かつ円満な解決を援助するなど広範なコンサルティング活動をすることです。



損害保険代理店は、損害保険会社から主に次のような権限が付与されています。

・保険契約の締結
・保険契約の変更・解約などの申出の受付(クーリング・オフの受付を除く)
・保険料の領収
・保険料領収証の発行・交付
・契約者などの告知・通知の受領




弊社がなぜ?損害保険を取り扱うのか?

それは、お客様の建物を長期に建物を守っていくためには不可欠なものであり、特に火災保険は、建物に大きくかかわり、正確な情報を建築のプロとして、お伝えすることが大切だと考えているからです。




明石 長期優良住宅 自然素材の健康住宅
日置建設㈱ http://www.k-hioki.com/

この記事を書いたプロ

日置建設株式会社 [ホームページ]

一級建築士 日置尚文

兵庫県明石市大久保町江井島1748-2 [地図]
TEL:078-936-4320

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

結婚の新居に築30年ほどの家を改築しようと思いました。出来上がりのイメージがわかず材料等の選択に迷いました。満足度は95%です。リフォームだから無理なところも...

施工例
上ノ丸の家

外壁は火山灰シラスが原料の「そとん壁」。自然の風合いがあり、メンテナンスも楽な素材です。軒裏を杉板貼りにし、印象的に仕上げました。HPにて詳しい施工例を紹...

 
このプロの紹介記事
日置尚文 ひおきなおふみ

健康住宅「HKハウス」で、明石に住む人に快適な暮らしを(1/3)

 山陽電鉄江井ヶ島駅から歩いてすぐのところにある日置建設株式会社は、とりわけ健康住宅に力を注いでいます。日置建設が提供する長期優良住宅対応型の「HKハウス」は、外張り断熱工法を取り入れることで気密性と断熱性を高め、結露の予防と光熱費の省エネ...

日置尚文プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : 日置建設株式会社
住所 : 兵庫県明石市大久保町江井島1748-2 [地図]
TEL : 078-936-4320

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-936-4320

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

日置尚文(ひおきなおふみ)

日置建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
菅の台Ⅱの家は、BELS認証を受けた住宅です。
イメージ

「HKハウス菅の台Ⅱの家」は、地域型住宅グリーン化事業のゼロエネルギー住宅申請で「BELS認証」(建築物...

大久保地域の方に売土地情報チラシが配布
イメージ

大久保町大窪の方へ、弊社の建築条件付き売土地の折り込み広告が入りました。弊社モデルハウス建...

タカラスタンダード新商品勉強会
イメージ

先日、タカラスタンダードHDC神戸ショールームで、弊社メンバー向けに勉強会をしていただきました。...

今週末 「資金計画セミナー」 を開催!

「家づくり住まい講座2017秋冬」 第1回 は、  日時:9月14日(土) 10:00~11:30     ...

舞多聞西の家、「広い中に、無駄なし」
イメージ

「舞多聞西の家」の設計コンセプトは、  「広い中に、無駄なし」です広いリビングと回廊性のある水廻り...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ