コラム

 公開日: 2018-06-02  最終更新日: 2018-06-04

HK協力会の研修会

日置建設の協力業者会(HK協力会)が主催する研修会を先日開催。

HK協力会員及び社員も含めて60名を超えるほどのメンバーで勉強会をしました。






HK協力会、内田工務店、内田会長の挨拶から始まりました。

明石市生涯学習センターでの研修会の様子です。






まず私から、「平成30年度の日置建設の進捗状況の説明と今後の展望」

について話をしました。その後、






古川ちいきの総合研究所の古川大輔氏に

「地域プレミアム工務店になるためのチーム力!」という演題で

事例を交えて弊社の取り組むべき内容等を わかりやすく話をしていただきました。

古川様とは、

昨年12月に「ひょうご木の匠の会・県産木材供給促進協議会 合同セミナー講演会」で、

講演を依頼して非常に良かったのと、今年2月には、古川様の大阪研究会にも

参加させていただき、弊社事例も発表させていただいたのがご縁で依頼しました。


研修会の内容で、

「成功要素を持つ強いチーム」には5つのポイント。

①共通のビジョンを持っている。

②情熱方程式(情熱=好き×憤り)となる体験を持っている。

③勝利(利益)と主体(理念)が両立している。

④コミュニティ(強い個あってこその緩い面)を持っている。

⑤ビジネスにおける基礎練習をしっかり行っている。


詳しくは、古川ちいきの総合研究所のブログをご覧ください。


今回の研修会で協力業者の方とさらに「チーム力」を強化して、

お客様のためにしっかりと満足度の向上に向けてがんばります。



その後、魚の棚の「みつぼし」さんで懇親会を40名ほどで行い盛り上がりました。

この記事を書いたプロ

日置建設株式会社 [ホームページ]

一級建築士 日置尚文

兵庫県明石市大久保町江井島1748-2 [地図]
TEL:078-936-4320

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

結婚の新居に築30年ほどの家を改築しようと思いました。出来上がりのイメージがわかず材料等の選択に迷いました。満足度は95%です。リフォームだから無理なところも...

施工例
上ノ丸の家

外壁は火山灰シラスが原料の「そとん壁」。自然の風合いがあり、メンテナンスも楽な素材です。軒裏を杉板貼りにし、印象的に仕上げました。HPにて詳しい施工例を紹...

 
このプロの紹介記事
日置尚文 ひおきなおふみ

健康住宅「HKハウス」で、明石に住む人に快適な暮らしを(1/3)

 山陽電鉄江井ヶ島駅から歩いてすぐのところにある日置建設株式会社は、とりわけ健康住宅に力を注いでいます。日置建設が提供する長期優良住宅対応型の「HKハウス」は、外張り断熱工法を取り入れることで気密性と断熱性を高め、結露の予防と光熱費の省エネ...

日置尚文プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : 日置建設株式会社
住所 : 兵庫県明石市大久保町江井島1748-2 [地図]
TEL : 078-936-4320

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-936-4320

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

日置尚文(ひおきなおふみ)

日置建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
今週末、好評の自然素材住宅のお宅訪問ツアー!
イメージ

― 家づくり 住まい講座 2018 春夏  -いつも好評の 自然素材住宅のお宅訪問ツアーの募集中!今回...

「HKハウス高倉台の家」の見どころ
イメージ

LDKは吹き抜けとニッチのある対面キッチン造作のカップボードに床下エアコンを設置し、引き出...

「HKハウス高倉台の家」今週末完成見学会
イメージ

「HKハウス高倉台の家」の見学会を開催します。  日時:6月17日(日)10:00~16:00 (予約制) ...

HK友の会でモザイクタイルトレイ作り!
イメージ

「HK(日置建設)友の会」とは、新築工事、リノベーション工事をさせていただいたお客様を主体に日置建設と...

自然素材住宅のお宅訪問ツアー
イメージ

大好評の 自然素材のお宅訪問ツアー 決定!    6/8の神戸新聞朝刊明石版の掲載内容今回は、...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ