コラム

 公開日: 2014-05-29  最終更新日: 2014-08-01

外壁塗装のランクと耐久年数

外壁塗装にもいろいろあり、コストもさまざまです。

そこで弊社がご提案しているのが、コストと耐久年数を考慮した素材が、

日本ペイントの「オーデフレッシュSi100Ⅲ」で業界的にも人気品です。






こちらはシリコン系の塗料で耐久年数が10年~15年とよくコスト的にも

リーズナブルな価格になっています。

ちなみに価格は300㎡以下で3,750円/㎡ですが、

弊社では1,870/㎡円でさせていただいています。


ランクと耐久年数は、


アクリル系塗料 の場合、 耐久年数:6~8年

コストは安いが、汚れやすく耐久性がよくないという欠点がありました。


ウレタン系塗料 の場合、 耐久年数:7~10年

今まではほとんどがウレタン塗料が多く、万能の塗料で、

塗装には最も適しています。


シリコン系塗料 の場合 耐久年数:10~15年

シリコンを含有することで汚れにくさと耐久性を両立させた塗料です。

最近は、量産されコスト的にもウレタン系とあまり変わらなくなってきたので、

塗料として主流となっています。



フッ素系塗装 の場合、 耐久年数:12年~20年

フッ素系塗料は、とにかく耐久性がよく長持ちする塗料ですが、

コストが高くなります。

但し、最近、フッ素系塗料にされる方も増えてきて、耐久性は良いので、

もしご予算に余裕がある場合は一考の価値はあると思います。
 

他に、光触媒塗料という、分解力で汚れを分解し落とす機能や、

 
親水性で雨が汚れを落とす機能があり、

長期で汚れにくい塗料なども増えてきました。






そして、塗装工事をする際には、弊社では屋根に上がり瓦等の点検もしています。

この記事を書いたプロ

日置建設株式会社 [ホームページ]

一級建築士 日置尚文

兵庫県明石市大久保町江井島1748-2 [地図]
TEL:078-936-4320

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

結婚の新居に築30年ほどの家を改築しようと思いました。出来上がりのイメージがわかず材料等の選択に迷いました。満足度は95%です。リフォームだから無理なところも...

施工例
上ノ丸の家

外壁は火山灰シラスが原料の「そとん壁」。自然の風合いがあり、メンテナンスも楽な素材です。軒裏を杉板貼りにし、印象的に仕上げました。HPにて詳しい施工例を紹...

 
このプロの紹介記事
日置尚文 ひおきなおふみ

健康住宅「HKハウス」で、明石に住む人に快適な暮らしを(1/3)

 山陽電鉄江井ヶ島駅から歩いてすぐのところにある日置建設株式会社は、とりわけ健康住宅に力を注いでいます。日置建設が提供する長期優良住宅対応型の「HKハウス」は、外張り断熱工法を取り入れることで気密性と断熱性を高め、結露の予防と光熱費の省エネ...

日置尚文プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : 日置建設株式会社
住所 : 兵庫県明石市大久保町江井島1748-2 [地図]
TEL : 078-936-4320

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-936-4320

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

日置尚文(ひおきなおふみ)

日置建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
明日、わかりやすい土地探しセミナーを開催!

「第2回 家づくり住まい講座2017夏秋」を明日開催します。日時:6月24日(土) 10:00~11:30  ...

ようやく平成29年度地域型住宅グリーン化事業 募集の開始

地域型住宅グリーン化事業とは、 良質な木造住宅等新築する場合、100万円以上の補助金が支給されます。...

今年もやります!「ひおきまつり2017」
イメージ

神戸新聞朝刊の明石欄で「ひおきまつり2017」を広報地元で生まれ育った日置建設のビジョンは、「...

おしゃれな立呑み屋さん「リアン」がオープン!
イメージ

西明石北側に先日、おしゃれな立呑み屋さんで「リアン」を設計施工させていただき、オープンしました。...

HK友の会で,収納セミナーとテラリウム作り!
イメージ

「HK(日置建設)友の会」とは、日置建設とお客様との末永いお付き合いの会です。先日、収納セミ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ