コラム

 公開日: 2012-01-03  最終更新日: 2014-08-01

年始の挨拶、「福寿」

今年の年賀状です。





福寿とは、

新年を祝い、受取人の幸いを祈るという意味合いになります。


昨年の「HKハウス」は、14邸施工し、引き渡しをしました。

その一邸、一邸、思いのこもった建物を掲載させていただきました。

(12月に完成した3邸分は入っていませんので次回掲載。)

また、今年もお客様と弊社のたくさんの思いのこもった「HKハウス」を

お客様と一緒につくりたいと思いますのでよろしくお願いします。



竜に関することわざをご紹介。

「竜の雲を得たるがごとし 」

 勢いに乗ずることをいう。


弊社の「HKハウス」も2007年7月に施工させて頂いてから、

29が邸が完成し、今年で5年目となります。

その間、「HKハウス」のウッディー仕様の「HKWハウス」や

長期優良住宅、普及モデルに先導モデルと、そして、

昨年は「HKハウスの発泡断熱仕様」を提案しコストのことを考慮した

リーズナブルの特別仕様も4邸完成し、ただいま2邸施工中です。

こうして「HKハウス」はどんどんと進化し続けています。


今年は「竜の雲を得たるがごとし 」の如く、

消費税アップに伴う駆け込み需要への対応もこの半年で行い、

勢いに乗って多少の受注量が増えても、お客様にご満足いただけるよう、

弊社の体制づくりをしっかりと整え、対応させていただきたいと思います。


ちなみに、「HKハウス」とは、{日置建設「HiokiKensetu」の家}の略で

弊社オリジナルハウスです。詳しくは、HKハウス10のこだわりhttp://k-hioki.com/ken/?cat=20をご覧ください。



この記事を書いたプロ

日置建設株式会社 [ホームページ]

一級建築士 日置尚文

兵庫県明石市大久保町江井島1748-2 [地図]
TEL:078-936-4320

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

結婚の新居に築30年ほどの家を改築しようと思いました。出来上がりのイメージがわかず材料等の選択に迷いました。満足度は95%です。リフォームだから無理なところも...

施工例
上ノ丸の家

外壁は火山灰シラスが原料の「そとん壁」。自然の風合いがあり、メンテナンスも楽な素材です。軒裏を杉板貼りにし、印象的に仕上げました。HPにて詳しい施工例を紹...

 
このプロの紹介記事
日置尚文 ひおきなおふみ

健康住宅「HKハウス」で、明石に住む人に快適な暮らしを(1/3)

 山陽電鉄江井ヶ島駅から歩いてすぐのところにある日置建設株式会社は、とりわけ健康住宅に力を注いでいます。日置建設が提供する長期優良住宅対応型の「HKハウス」は、外張り断熱工法を取り入れることで気密性と断熱性を高め、結露の予防と光熱費の省エネ...

日置尚文プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : 日置建設株式会社
住所 : 兵庫県明石市大久保町江井島1748-2 [地図]
TEL : 078-936-4320

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-936-4320

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

日置尚文(ひおきなおふみ)

日置建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
平屋+αの「FREEQ五色の家」淡路島で見学会開催!
イメージ

片流れの里山住宅博のモデルと同じ建物で、FREEQ HOMESのLOAFERの新築工事です。淡路島の五色町にて「FREE...

ひおきクラフトまるしぇ 開催中
イメージ

本日、心配していた台風もきておらず、真夏の暑い良い天気です。朝から木の廃材自由持ち帰り...

舞多聞西の家と菅の台Ⅱの家、構造見学会を開催!
イメージ

「舞多聞西の家」が、現場発泡断熱と「HKハウス菅の台Ⅱの家」が外張り断熱が終わり、...

本日、既存住宅状況調査技術者講習を受講。
イメージ

国土交通省は中古住宅の品質を確保し、流通をはかるため、既存住宅状況調査技術者講習を建築士に対して開始。...

狩口台の家、ホームページ用に取材
イメージ

昨年10月末にお引渡しをした「HKハウス狩り口台の家」の建物をプロのカメラマンとライターさんと同行して取...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ