コラム

 公開日: 2010-11-20  最終更新日: 2014-08-01

出雲大社の御本殿大屋根修理特別拝観


日本最古様式の神社建築である出雲大社の国宝御本殿内部を今回も拝観。

  
仮殿で11月16日に「神在祭」がおこなわれました。

12月16日、出雲大社の「神在祭」に参加し、60年に1度の「平成の大遷宮」に伴い、

御本殿大屋根の修理の様子を特別に拝観させていただきました。


現在、御本殿は素屋根(御本殿を囲む巨大な覆い)に包まれており、

外からはその壮大な御本殿の佇まいを拝する事が出来ませんが、

昨年より『平成の大遷宮』に向けた修理工事が本格的に始まり、

御本殿の檜皮はすべて撤去され、まもなく檜皮の葺替作業に入る予定です。


詳しくは、出雲大社御本殿大屋根修理特別参拝http://www.izumooyashiro.or.jp/haikan22.htmlのご案内をご覧ください。

国宝に指定されている本殿は、築約260年で、その間、60年〜70年毎に修復されてきました。

今回、壮大な本殿の無数の檜皮(ひわだ)で覆われた大屋根が約60年ぶりに葺き替えられます。


御本殿大屋根の構造

檜皮の下には重厚な下地があり、一般的な屋根下地に加えて三重の野地板が

重ねてあり、三重目に堅張りの野地板には一枚一枚水繰の加工が施されていました。

さらに板と板の継ぎ目には刻苧(こくそ)漆が詰め込まれ、一層の防水性能の向上を

図った構造です。このような構造は他に類を見ないものであり、匠たちの大神様の

お住まいとしてふさわしいものでなければならないという気持ちが込められている。

内部は、写真撮影ができなかったため、しっかりと脳裏には納めてきました。


御本殿大屋根特別拝観之証として檜皮古材を記念にいただきました。


この記事を書いたプロ

日置建設株式会社 [ホームページ]

一級建築士 日置尚文

兵庫県明石市大久保町江井島1748-2 [地図]
TEL:078-936-4320

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

結婚の新居に築30年ほどの家を改築しようと思いました。出来上がりのイメージがわかず材料等の選択に迷いました。満足度は95%です。リフォームだから無理なところも...

施工例
上ノ丸の家

外壁は火山灰シラスが原料の「そとん壁」。自然の風合いがあり、メンテナンスも楽な素材です。軒裏を杉板貼りにし、印象的に仕上げました。HPにて詳しい施工例を紹...

 
このプロの紹介記事
日置尚文 ひおきなおふみ

健康住宅「HKハウス」で、明石に住む人に快適な暮らしを(1/3)

 山陽電鉄江井ヶ島駅から歩いてすぐのところにある日置建設株式会社は、とりわけ健康住宅に力を注いでいます。日置建設が提供する長期優良住宅対応型の「HKハウス」は、外張り断熱工法を取り入れることで気密性と断熱性を高め、結露の予防と光熱費の省エネ...

日置尚文プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : 日置建設株式会社
住所 : 兵庫県明石市大久保町江井島1748-2 [地図]
TEL : 078-936-4320

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-936-4320

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

日置尚文(ひおきなおふみ)

日置建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
里山住宅博in神戸 本日で終了 感謝!
イメージ

里山住宅博in神戸は雪化粧雪が降ったりやんだりで、またいつもと違った景色です。裏の...

東須磨の家、手上げで作業で上棟!
イメージ

「東須磨の家」が昨日、上棟しました。道路が狭く、電線も多いため、レッカー作業ができないため、全て人...

伊勢神宮の内宮で正式参拝
イメージ

毎年1月に、神様の御加護を頂きに伊勢神宮へお参り。朝の8時に内宮で正式参拝させていただき、...

「残り福」えびすで商売繁盛
イメージ

午後からのリーダー会議終了後、1月13日上棟予定の東須磨の現場確認に行き、  (基礎が完成し、...

「日置建設フィロソフィ2017」

「日置建設フィロソフィ(哲学)」とは、人として生きるための常識的な考え方と日置建設という会社を経営する上...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ