コラム

 公開日: 2010-11-14 

失敗しない土地の選び方、その4


土地選びの具体的な手順を書きます。

まず、先日書いたように不動産価値、夫婦の価値観、誰中心、予算のバランスが

おおよそ決まると、土地のコストと地域、敷地の周辺状況が決まります。

そこで、その条件に合った地域の売り物件を、インターネットや

不動産業者より情報収集します。


次に、その集めた中で、もっと詳しく知りたいと思う土地だけ選び出します。

それから、それらをインターネットや不動産業者に資料請求してください。

そして、資料検討した中でから実際に見に行きたいなと思えるところを

ピックアップして、実際見に行きます。


その中から、ここだったらという土地を3つぐらいに絞ります。

3つに絞りこんだ段階で、プロと一緒にそこへ見に行ってください。

プロと言うのは、建築のプロのことです。


では、なぜ、建築のプロと一緒に見に行った方がいいのか?

それは、不動産業者は、土地についてはプロですが、

意外と建物は素人の方が多いからです。

その土地にパターン化した建物がこう建つというアドバイスはできますが、

詳しく助言できない場合があります。


そこにどんな制約があり、どんな建物が建つかをその場で助言できる人と

一緒に見に行くといざ具体的に設計にかかる際もスムーズに進みます。

そうしないと、どの土地を買って良いかの判断がつきません。

そこで、建物のプロと一緒に行き、それぞれを比較検討するわけです。

そして、その中から1番ふさわしいところを選び、最もふさわしい土地を買う。


多くの場合、土地は不動産業者任せで、言われるまま決めています。

だから、後でいろいろ困ることがでてくるんです。

これが、自分に合ったいい土地を選んで買う時の手順です。

この記事を書いたプロ

日置建設株式会社 [ホームページ]

一級建築士 日置尚文

兵庫県明石市大久保町江井島1748-2 [地図]
TEL:078-936-4320

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

結婚の新居に築30年ほどの家を改築しようと思いました。出来上がりのイメージがわかず材料等の選択に迷いました。満足度は95%です。リフォームだから無理なところも...

施工例
上ノ丸の家

外壁は火山灰シラスが原料の「そとん壁」。自然の風合いがあり、メンテナンスも楽な素材です。軒裏を杉板貼りにし、印象的に仕上げました。HPにて詳しい施工例を紹...

 
このプロの紹介記事
日置尚文 ひおきなおふみ

健康住宅「HKハウス」で、明石に住む人に快適な暮らしを(1/3)

 山陽電鉄江井ヶ島駅から歩いてすぐのところにある日置建設株式会社は、とりわけ健康住宅に力を注いでいます。日置建設が提供する長期優良住宅対応型の「HKハウス」は、外張り断熱工法を取り入れることで気密性と断熱性を高め、結露の予防と光熱費の省エネ...

日置尚文プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : 日置建設株式会社
住所 : 兵庫県明石市大久保町江井島1748-2 [地図]
TEL : 078-936-4320

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-936-4320

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

日置尚文(ひおきなおふみ)

日置建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
明日、わかりやすい土地探しセミナーを開催!

「第2回 家づくり住まい講座2017夏秋」を明日開催します。日時:6月24日(土) 10:00~11:30  ...

ようやく平成29年度地域型住宅グリーン化事業 募集の開始

地域型住宅グリーン化事業とは、 良質な木造住宅等新築する場合、100万円以上の補助金が支給されます。...

今年もやります!「ひおきまつり2017」
イメージ

神戸新聞朝刊の明石欄で「ひおきまつり2017」を広報地元で生まれ育った日置建設のビジョンは、「...

おしゃれな立呑み屋さん「リアン」がオープン!
イメージ

西明石北側に先日、おしゃれな立呑み屋さんで「リアン」を設計施工させていただき、オープンしました。...

HK友の会で,収納セミナーとテラリウム作り!
イメージ

「HK(日置建設)友の会」とは、日置建設とお客様との末永いお付き合いの会です。先日、収納セミ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ