コラム

 公開日: 2010-09-04 

この暑さはいつまで続くのでしょうか?


最近、「毎日暑い日が続きますね!」 、という言葉が、挨拶になっています。


ズバリ!この暑さは秋分の日の9月23日前後まで続くでしょう!



秋分の日は、春分の日(3/21頃)と同じく、太陽が真東から出て真西に没する日。

このため、昼と夜の時間が等しくなり、 秋の彼岸の中日(秋分の日をはさんで

前3日、後3日、合計7日が彼岸) で、国民の休日にもなっています。

祝日法では「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」ことを趣旨としています。


近年は温暖化の影響でまだ暑さの残る気候ですが、

かつては暑くもなく寒くもないさわやかな時節とされ、

収穫と秋祭りの時期でもあります。 太陽が真西(極楽浄土の方角)に

沈むことから、仏教の教えではこの期間にお墓参りなど先祖の供養を行い、

仏壇のある家では花を供えた り、故人の好物だった菓子や果物などを供えます。


そこで、なぜ「暑さ寒さも彼岸まで」というのか?


春分と秋分は、いずれも二十四節気のひとつで、

暦の上では春と秋の折り返し地点となります。

・春分は春(立春~立夏の前日)の折り返し地点
  ⇒春分以降、昼が長くなってゆく⇒寒さが和らぎ暖かくなる

・秋分は秋(立秋~立冬の前日)の折り返し地点
  ⇒秋分以降、昼が短くなってゆく⇒暑さが和らぎ涼しくなる


ただし、昼と夜の長さが同じだからといって、

春分と秋分の気候が同じになるわけではありません。

暑さの名残で秋分のほうが10度以上も気温が高いのですが、

厳しい残暑や寒さも目処がつくため、

「暑さ寒さも彼岸まで」というようになりました。

この記事を書いたプロ

日置建設株式会社 [ホームページ]

一級建築士 日置尚文

兵庫県明石市大久保町江井島1748-2 [地図]
TEL:078-936-4320

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

結婚の新居に築30年ほどの家を改築しようと思いました。出来上がりのイメージがわかず材料等の選択に迷いました。満足度は95%です。リフォームだから無理なところも...

施工例
上ノ丸の家

外壁は火山灰シラスが原料の「そとん壁」。自然の風合いがあり、メンテナンスも楽な素材です。軒裏を杉板貼りにし、印象的に仕上げました。HPにて詳しい施工例を紹...

 
このプロの紹介記事
日置尚文 ひおきなおふみ

健康住宅「HKハウス」で、明石に住む人に快適な暮らしを(1/3)

 山陽電鉄江井ヶ島駅から歩いてすぐのところにある日置建設株式会社は、とりわけ健康住宅に力を注いでいます。日置建設が提供する長期優良住宅対応型の「HKハウス」は、外張り断熱工法を取り入れることで気密性と断熱性を高め、結露の予防と光熱費の省エネ...

日置尚文プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : 日置建設株式会社
住所 : 兵庫県明石市大久保町江井島1748-2 [地図]
TEL : 078-936-4320

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-936-4320

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

日置尚文(ひおきなおふみ)

日置建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
今週末の資金計画セミナーの内容

「家づくり住まい講座2017夏秋」 第1回 は、  日時:5月27日(土)10:00~11:30      ...

性能向上リフォームで100万円の補助金!
イメージ

29年度の長期優良住宅化リフォーム推進事業の説明会が大阪のグランキューブであり、大勢の建築関係者が参加...

中尾の家、モデルハウスの公開5/21で終了します
イメージ

「HKハウス中尾の家」期間限定のモデルハウスの見学がお施主様に6か月間お借りして、5月21日をもって終...

淡路島で「FREEQ五色の家」を上棟!
イメージ

FREEQ HOMESのLOAFERの新築工事で、淡路島の五色町にて「FREEQ五色の家」が昨日上棟しました。...

プチひおきクラフトまるしぇをWAKU+AKASHIで開催!
イメージ

昨晩から雨が降り続いていますが、10時にはほぼ雨も上がり、今日は 予定通りJR大久保駅南のWAKU+AKASHI 1...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ