コラム

 公開日: 2010-08-24 

「失敗しないマイホームづくりの10原則」


マイホームを建てる前に考えることは、まず、住んでからのことを考えましょう。

マイホームは一生涯住む高い買い物です。
安い坪単価や営業マンの値引きやその場の雰囲気で決断せずに、住んだ後のことをどこまで考えるかが、失敗しないマイホームづくりの最大のポイントです。

失敗しないマイホームづくりのための10原則

その1 :
住宅という建物は、商品ではない。
商品には寿命があり均一化したもので、工場で作られるものをいいます。
住宅は、その地域の気候風土に適したものを造らなければ自然の方から壊されるということを知った上で、家族のライフスタイルに合わせ、家族と住宅建築会社と一緒に造り上げていくものです。
さらに、造り上げてからしっかりとアフターメンテナンスをし、長く楽しく元気に過ごせる暮らしを実現するものです。
そういう観点で、まずマイホームづくりを考えてみましょう。

その2 :
次に大切なことは、注文住宅をするにしても建て売り住宅を買うにしても、次世代へと長く生活をしていく上で大切なものであるということ。
この長い生活に耐えられる住宅即ち、耐久的・耐震的にも、家族構成や生活の変化に対応して行われるリフォームにも耐えられ、 資産価値が高まっていく住まいを、当初から考えて建てるべきです。
「人はマイホームをつくり、マイホームという環境は人をも変える」ということを忘れてはいけません。

その3 :
デザインや設計にこだわる場合は、住宅専門の設計事務所に頼むことも良いでしょう。
その時、木造住宅について、過去の施工例を見せていただき、イメージが合うか、構造や断熱、木や素材等をどれだけ知っているかを聞いてみることと、設計費も含めて総トータル費用の相談も必要です。

その4 :
住宅総合展示場を見て歩くのも良いでしょう。また住宅雑誌を何冊か購入して勉強するのも良いでしょう。
インターネットで検索するのも良いでしょう。
住宅総合展示場には夢が一杯詰められていて現実的ではなく、オプションが多く、使用も高級になっているので確認が必要です。
住宅関係雑誌や本も片寄ったものが多く、自分の地域に果たして合っているかどうかもわかりませんからデザインや工法等を決める時は、必ず建築士か工務店・ビルダーに相談してからにしましょう。

その5 :
新聞やテレビ宣伝に惑わされることなく、マイホームを建てようとする地域には必ずその地域の事情をよく知り、 安心して住める家づくりを行っている地場工務店がありますので、その工務店にまず相談してみるのもいいでしょう。
工務店の本業はもの造りで、サービス業は二の次ですから一見、優しくないかも知れませんが、長く付き合っていける経営体質か、人柄かを判断し(リフォームが必ず必要になりますので)、建物を見せてもらったり、そこに住む人の感想を聞くことです。

その6 :
過剰に安い価格や営業マンによるサービストークには惑わされないことです。
安ければ安いなりの理由があります。(契約してから思いもよらない費用がかかり、トラブルになるケースがありますので注意が必要です。)

その7 :
「大手ハウスメーカーだから任せられるので安心」という考えだけで大手ハウスメーカーの商品住宅を購入することは避けるべきです。
住まいは本来、その地域と気候風土と、住まい手の生活観(幸せを持たらす)に合うように建てるものです。
可愛い赤ちゃんを心情的にも肉体的にも健康になれる住まいを創ることも大切です。
アトピー患者やシックハウス症候群の増加、モラルの低下の少年少女の実態を考えた時、今までの大人の都合で造ってきた住宅や街のせいではなかったか、という反省があっても良いはずです。
そういうことも考慮に入れながらハウスメーカー、設計事務所、工務店、ビルダーを探されるといいでしょう。

その8 :
家賃を払うくらいなら無理してでもマイホームを!という考えは後々不幸を招くことになるかも知れません。
マイホームづくりや建て売り購入に当たっては絶対に無理をしないことです。
資産的に余裕がない時はまず貯蓄をしてください。 未完成住宅にし、住みながら、資金の余裕ができてから完成していくこともひとつの方法です。
また、マイホームづくりに参加することによりコストダウンをしていただくのもよいでしょう。
(マイホームに愛着ができ、要領がわかれば引渡し後の家の維持管理にも大変役立ちます。)

その9 :
工事を進めていく上で、設計変更や追加工事はそれだけ費用がかかりますので、途中で設計変更、 追加工事をしないように建築士や工務店社長と家族ぐるみで十分な打ち合わせをしましょう。

その10 :
打ち合わせ事項や確認事項はできるだけ書面でおこないましょう。
口頭で指示したり、口約束だけで工事を進めないことです。
どうしても変更したい時は、現場の職人に指示せず現場監督や工務店の社長に相談し、文書化して確認することです。

以上10大原則です。

マイホームづくりの参考にして下さい。

【知恵カフェ 9月号】

この記事を書いたプロ

日置建設株式会社 [ホームページ]

一級建築士 日置尚文

兵庫県明石市大久保町江井島1748-2 [地図]
TEL:078-936-4320

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

結婚の新居に築30年ほどの家を改築しようと思いました。出来上がりのイメージがわかず材料等の選択に迷いました。満足度は95%です。リフォームだから無理なところも...

施工例
上ノ丸の家

外壁は火山灰シラスが原料の「そとん壁」。自然の風合いがあり、メンテナンスも楽な素材です。軒裏を杉板貼りにし、印象的に仕上げました。HPにて詳しい施工例を紹...

 
このプロの紹介記事
日置尚文 ひおきなおふみ

健康住宅「HKハウス」で、明石に住む人に快適な暮らしを(1/3)

 山陽電鉄江井ヶ島駅から歩いてすぐのところにある日置建設株式会社は、とりわけ健康住宅に力を注いでいます。日置建設が提供する長期優良住宅対応型の「HKハウス」は、外張り断熱工法を取り入れることで気密性と断熱性を高め、結露の予防と光熱費の省エネ...

日置尚文プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : 日置建設株式会社
住所 : 兵庫県明石市大久保町江井島1748-2 [地図]
TEL : 078-936-4320

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-936-4320

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

日置尚文(ひおきなおふみ)

日置建設株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
HK協力会メンバーと親睦旅行で香住へ
イメージ

香住へ、カニのフルコースを食べてきました。大型バスで、朝8時に事務所を出て、香住...

12/4のひおきクラフトまるしぇで抽選会!
イメージ

恒例のひおきクラフトまるしぇも今回で14回目!今回も32店舗のクラフターさんや飲食店がご参加く...

新店舗オープンに向けて準備
イメージ

WAKU+AKASHIが大久保駅南のAKASAKA HILLSの2階にオープンします。雑貨とDIY...

中尾の家 “モデルハウス” 、完成見学会
イメージ

HKハウス中尾の家 “期間限定のモデルハウス” 完成見学会この期間限定のモデルハウスのオープンに先駆け...

中尾の家 “モデルハウス” 、間もなく完成!
イメージ

HKハウス中尾の家 “期間限定のモデルハウス” の内装工事がほぼ完成し、最終段階です!リビング...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ