コラム一覧 :不登校について

1件~8件(8件)

不登校における親の勝負どころ 〜その一言が言えない〜

  その方はお子さんが不登校でどうしたものか、と悩んでおられました。 それで、たまたま参加された僕の講演会で思い切ってそのことを質問されました。 「どうしたらいいですか?」と。 そのとき僕は「無理に行かそうとせずに、大丈夫やで、行きたくない時は休んだらいいよと安心させ... 続きを読む

不登校について

2016-01-08

不登校克服のための10か条

1、無理に学校に行かそうとしない2、子どもの気持ちを理解しようとする3、「行けなくても大丈夫」と安心させてあげる4、今までの自分のありようを見直す5、今までの夫婦のありようを見直す6、我慢することで済ませていたことを見直す7、実父母、義父母への思いを見直す... 続きを読む

不登校について

2014-10-04

不登校について考える 〜ブログ「長谷川満の親学講座」のコメントより〜

ブログ「長谷川満の親学講座」の2012年9月21日の記事http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/293519360.htmlに入っていたコメント欄より今週、子供が学校に行けなくなりました。プライドが高く理由は言いませんが、朝になると吐くのです。行きたくても行けないらしいです。たぶん、中1ギ... 続きを読む

不登校について

2014-09-25

魔法がとけたのはどっち? 〜不登校という魔法を解くカギ〜

 みなさん、「美女と野獣」のお話はご存知でしょうか。 お城で野獣と暮らすことになったお姫様は、はじめその醜い容貌ゆえに野獣を受け入れることが出来ません。しかし、本当は優しい心の持ち主である野獣をいつしか愛し始めるようになり・・、野獣が死に瀕した時、お姫様はついに愛を告白しプ... 続きを読む

不登校について

2014-09-21

不登校は親にとって新しい自分に生まれ変わる「産みの苦しみ」

 不登校の原因は様々なものが考えられます。 最も多いのが「いじめ」。 先生が原因で行けなくなる子も、学力不振が原因の場合もあります。  しかし、いったんは学校に行けなくなったとしても、家庭での親子関係、家族関係が良好な場合、意外と長引かずに再び元気に学校に通えるように... 続きを読む

不登校について

2014-09-12

不登校の相談事例 〜無理にでも行かせた方がいいのか、見守った方がいいのか〜

 僕はよく不登校の相談を受けます。 お母さん方の相談内容は色々なのですが、相談の一つに「無理にでも学校に行くようにした方がいいのか、それとも今は無理をせずあたたかく見守ってやった方がいいのか。」というのがあります。 まあ、無理にでも学校に行くようにすると言ったって、子ども... 続きを読む

不登校について

2013-04-16

6年生(上)の教科書『風切るつばさ』より 〜不登校について考える〜

 6年生(上)の教科書『風切るつばさ』  アネハヅルのクルルはいつも体の弱いカララをかばい、えさを分けてやっていた。 ある日、彼らの群れは狐に襲われ、一羽の幼い命が奪われる。 その夜、幼い命を死なせてしまったやり場のない怒りや悔しさから狐に気づかれたのはクルルがカララ... 続きを読む

不登校について

2012-11-08

放てば手に満てり  ~不登校について考える~

 冬季オリンピックで銅メダルに輝いた高橋大輔選手は一度、右膝のケガのリハビリの苦しさと再起への不安から、連絡先も言わず、1週間ほど全てを投げ出して失踪したことがあったそうです。 行方がわからなくなって1週間後、彼が姿を現したのは大学時代住み込みでお世話になった長光歌子コーチ... 続きを読む

不登校について

2012-09-17

1件~8件(8件)

RSS
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会や中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「ありがとう」が流れた時には感動して涙が出ました。

本日、初めて長谷川先生の講演に参加させてもらいました。 き...

あゆママ
  • 女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
第44回ペアレントセミナー「アドラー心理学の子育てについて考える」 ありがとう<後編>
イメージ

前編からお読みになりたい方は→http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/447811932.html  では、もう...

[ ペアレントセミナー ]

第44回ペアレントセミナー「アドラー心理学の子育てについて考える」 ありがとう<前編>
イメージ

 3月11日(土)は第44回ペアレントセミナー「アドラー心理学の子育てについて考える」がありました。 約...

[ ペアレントセミナー ]

明日 3月11日(土)は午後2時20分から「アドラー心理学の子育てについて考える」があります。
イメージ

 明日 3月11日(土)は午後2時20から 加古川総合庁舎1階 東播磨生活創造センター「かこむ」講座研修...

兵庫県三木市立教育センターでの講演会「いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか」
イメージ

 3月6日(月)は午後1時から三木市立教育センターで講演してきました。  三木市教育委員会さま...

[ 講演会 ]

貧困のボーダーラインは、親子3人の世帯収入が211万円以下、親子4人の世帯収入が244万円以下

 今や子ども6人のうち1人が貧困と言われており、ひとり親世帯に限ると実に半数以上が貧困状態にあります。...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ