コラム

 公開日: 2017-09-15  最終更新日: 2017-09-16

兵庫県太子町立龍田幼稚園での講演「自信と意欲を引き出す親子関係のつくり方」

 今日は午前中、太子町立龍田幼稚園に講演に行ってきました。
 参加してくださったのは保護者の方約18名。
 テーマは「自信と意欲を引き出す親子関係のつくり方」。






 最初に詩「しあわせになるれんしゅう」を紹介しました。

 




 
 子育ては「待つ」れんしゅうなんですね。
 人を育てる人、スポーツのコーチや監督でも上手い人はみんな「待つ」のが上手です。
 待てない人は幸運をつかむのが下手です。
 「残り福」とか「残り物に福がある」て言うでしょ。
 だから物事を成就したり、幸せになりたいと思ったら「待つ」ことが出来ないとダメですね。
 幸せになるために大切なことは3つあります。
 1つは「待つ」こと、2つ目が「許す」こと、3つ目が「笑う」ことです。
 「許す」ことと「笑う」ことについては講演の最後にお話しします。





 そうお話ししたあと下の資料をもとに具体例をあげながら解説していきました。

    < 自信と意欲を引き出す親子関係のつくり方 >
       ~ 自己肯定感を育てる関わり ~

     1、幸せを受け取る(子どもの存在を喜ぶ)

     2、そのままを愛する(変えようとしない)

     3、子どもの善さを見る(尊敬する)

     4、話を聴く(口を挟まず最後まで)

     5、気持ちを理解しようとする(押しつけない)

     6、信じて任す(管理者ではなく援助者になる)

     7、弱さや欠点を受け入れる(許し合う)



 子どもは生まれるときに「3つのプレゼント」を持って生まれてきます。
 一つ目は「愛する喜び」。
 二つ目は「愛される喜び」。
 三つ目は「愛する者同士が共に暮らす喜び」。

 それらの喜びをちゃんと受け取って幸せになること。
 幸せになって、幸せな中で子どもを育てていくこと。
 それが一番大切なことなんですね。
 なぜか?
 幸せな親が幸せな子どもを育てるからです。

 みなさん、結婚される方に「お幸せに!」と言いますね。
 どうしてそう言うのでしょう。
 それはこれから愛する者同士が共に暮らすからです。
 みなさんはもう既に愛する子どもたちと共に暮らしていらっしゃいます。

 「幸せはなるものではなくて気づくもの」

 大切なのはこれから幸せになろうと努力することではなくて、
 今すでに幸せであったと気づくことなんだと思います。




 

 そして講演の終わりにこのようにお話ししました。
 
 子どもたちは何も子育ての上手なお母さんに育ててもらいたいのではありません。
 賢いお母さんに育ててもらいたいのでもありません。
 あなたに育ててもらいたいんです。
 子どもたちはそのままのあなたに会いたくて、そのままのあなたに育ててもらいたくて、あなたのもとに生まれてきました。ですから、どうぞ欠点もあるがまま、そのままのあなたで育ててあげてください。

 だけど、ママには笑っていてほしい。幸せでいてほしい。
 笑うためには許すことが必要です。
 誰を?
 自分をです。
 誰にでも欠点やダメな所はあると思います。
 皆さんはそのダメな所や欠点を直すのではなく、許してください。
 そして自分の欠点を許したように子どもさんやご主人のダメな所も許してあげてください。
 そうすれば家庭に笑顔が生まれます。
 そうして許しあって、笑いあって、皆さんが幸せに子育てしていかれることを心より願っております。
 本日は誠にご静聴ありがとうございました。

 講演の終わりに熊木杏里さんの「誕生日」の曲に乗せてお一人お一人それぞれ違った詩をプレゼントしました。

 お一人の方にはこんな詩が届きました。


 『あなたの子どもに生まれてきたわけ』

  いい親になる必要はありません
  子どもはそのままのあなたに愛されたいのです
  なぜなら
  そのままのあなたを愛しているから

  いい子にする必要はありません
  子どもはそのままの自分を愛されたいのです
  なぜなら
  それが愛するということだから

  そのためにあなたのもとに来てくれたのだから

                 by はせがわみつる


 参加してくださった皆さんありがとうございます。
 またお会いできる日を楽しみにしています。
 




      < リンク >

 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校の子どもの家庭教師をお考えなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 長谷川満の見方が変わる相談室
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/448895890.html 

 講演会の実績についてはこちら
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/column/?jid=963

 親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/
 

この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会や中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

ひとつひとつの言葉が本当に優しく、心にすごく響きました。

 「いい子にしようとするから怒らないといけませんけど、  ...

T・T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(29

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
「子育ては待つ練習、夫婦は許す練習、人生は笑う練習」太子町立石海幼稚園の講演より
イメージ

 今日は10月17日(火)は午前中、太子町立石海幼稚園に講演に行ってきました。 テーマは「子育ては待つ...

[ 講演会 ]

福岡県北九州国際会議場での講演会「親学講座」 〜親としての自分を見つめ直す〜
イメージ

 昨日10月15日(日)は午前中、北九州国際会議場で講演会がありました。 テーマは「親学講座」。...

[ 講演会 ]

兵庫県加古川市立野口小学校での講演会「自信とやる気を引き出すプラスの問いかけ」
イメージ

 10月12日(木)は午前中、加古川市立野口小学校で講演会がありました。 テーマは「自信とやる気を引き...

[ 講演会 ]

すべての学力の基本は読解力!子どもの基礎読解力を高める3つの方法。
イメージ

  すべての学力の基本は読解力です。 子どもの読解力はどのようにすれば高められるのか。 家庭で...

第46回ペアレントセミナー「子どもの問題にどう向き合えばいいか〜発達障害、不登校、・・〜」
イメージ

 昨日は第46回ペアレントセミナー「子どもの問題にどう向き合うか ~発達障害、不登校、いじめ、反抗期、進学...

[ ペアレントセミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ