コラム

 公開日: 2016-01-23  最終更新日: 2016-02-15

質問「ガミガミ言い過ぎて子どもが言うことを聞きません。どうしたらいいでしょう?」

 先日ある中学校の講演会の際、こんな質問がありました。

 「私は自分は許せるんです。主人のことも許せるんです。
  でも子どものことが許せなくてついガミガミ言ってしまうんです。
  あまりに叱り過ぎのせいか、子どもがまったく私の話を聞かなくなってしまって・・。どうしたらいいでしょうか?」

 なるほど、そりゃあしょっちゅうガミガミ言っていれば、
 子どもはそれに慣れっこになってしまって「また言ってるわ。言わしとけ。」と
 お母さんの言葉をスルーしてしまうようになってしまいますよね。

 「そうなんです。」

 ご自身だって、もしご主人にガミガミ、ガミガミ言われたら「言わしとけ。」になるでしょ。だったらしばらくガミガミ言うの、やめたらどうですか。

 「それがやめられないんです。」

 そうですか・・やめられない。
 それはあなたが子どもを許そうとしているからやめられないんですね。
 あなたは子どもを許す側ではなくて、子どもから許してもらう側なんですよ。

 「えっ?」

 だってそうでしょ。
 あなたがガミガミ、ガミガミ言うのを子どもたちはず~っと聞かされて、
 大人だったら「いい加減にしてくれ」とキレられるところですね。
 それなのに普通に接してくれている。
 これは子どもがあなたのことを許してくれているからでしょ。

 僕は以前「人が嫌な思いをする言葉は言わないようにしよう」と心がけていたことがあったんですね。
 毎朝ウオーキングついでに家の近くのお地蔵さんに10円お賽銭を入れて
 「今日一日、人に嫌なことは言いません」と誓いを立てていたんです。
 ところが家に帰って30分も経たないうちに妻に文句言ってる自分がいるんですね。
 「あかん、あかん。気をつけよう。」と反省するのですが、
 またその3時間後には妻に文句言ってる自分に気がついて・・。
 それで思ったんです。
 こんなに気をつけていてもこんなに小言や文句を言ってる。
 だったら気をつける前はどんだけ妻に文句を言っていたんだろうか。
 この3倍は言っていたはず。
 妻はず~っとそれを聞かされていたのか。
 こんな文句ばっかり言う俺を許してくれていたのか。
 そう思うと申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 自分は辛抱してる側ではなくて、辛抱してもらってる側だった・・
 自分は我慢してる方ではなくて、我慢してもらってる方だった・・
 自分は許す側ではなくて、許してもらってる側だった・・

 そう気がついたら、妻に文句や小言を一切言わなくなったんです。

 本当はあなたも辛抱する側ではなくて、子どもに辛抱してもらってる側なんですね。
 我慢する方ではなくて、我慢してもらってる方なんです。
 許そうとするんじゃないんです。
 自分が許してもらっていたと気がつくということが大事なんです。
 それに気がついて、今まで申し訳なかったと子どもに詫びるような気持ちになれた時にはじめてガミガミ言うのをやめられるようになります。
 



     < 長谷川満の講演会のお知らせ 一般参加OK > 
 
 2月28日(日)14:20〜15:50 兵庫県加古川総合庁舎1階「かこむ」
 テーマ「愛の子育て、エゴの子育て」 参加費1000円 
 詳しくはコチラ→http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/433399463.html

 4月23日(土)10:00〜11:40 岡山県玉島市民交流センター
 テーマ「子どもを伸ばすプラスの問いかけ」 参加費300円
 詳しくはコチラ→http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/433600206.html




       < リンク >

 講演紹介動画「笑って感動して心が軽くなる講演」
 https://www.youtube.com/watch?v=IJgivKVQttk

 講演紹介動画「いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか」 
 https://www.youtube.com/watch?v=2WVpUz5AnPc

 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 感動!心が軽くなる!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/

この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会や中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

母の年代でもたくさん参考になったと喜んでいました。

長谷川先生、お疲れさまでした。 先生の世界に引き込まれる...

YOKO
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
姫路西高1年生から職業についてアンケートを受けました
イメージ

 昨日の夜、小さい頃よくお母さんと一緒にペアレントセミナーに来てくれていた女の子(今は姫路西高校に通ってい...

第46回ペアレントセミナー「子どもの問題にどう向き合えばいいか」10月1日(日)午後2時20分〜
イメージ

      第46回 ペアレントセミナー   「子どもの問題にどう向き合えばいいか」  ~ 発達障害、不登...

不登校は押してもダメなら引いてみな。「行かなくてもいいよ」と告げる覚悟が扉を開く
イメージ

 今年の4月から始めました「長谷川満の見方が変わる相談室」。 たくさんの方からご相談を受けております。...

[ 不登校について ]

第3回参加型パネルトーク「子どもを幸せに育てる10のルール」のお知らせ
イメージ

 「子どもを幸せに育てる10のルール」について、 みなさんの意見や質問、また子育てに関する悩みについ...

いま大人にこそ読んでもらいたい!日野原重明さんの子供たちに宛てたメッセージ 

 6年生の国語の教科書より 長い人生においては自分の思い通りにはいかないこともたくさん出てきます。...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ