コラム

 公開日: 2015-12-02 

和歌山市立藤戸台小学校での講演「自信とやる気を引き出す『プラスの問いかけ』」

 11月28日(土)は和歌山県和歌山市立藤戸台小学校に講演に行って来ました。




 テーマは「自信とやる気を引き出す『プラスの問いかけ』」。
 聞いて下さるのは保護者の方約100名です。



 
 子どもに自信をつけてやりたい、意欲を引き出したいとお考えでしたら、一方的に「自信を持ちなさい」とか「やる気を出しなさい」なんてお説教したって効果はありません。
 まずは子どもに問いかけて、子どもの考えや気持ちを聞いたり、子どもと一緒に考えたり、とにかく対話を通じてそういうものを子どもの中から引き出してこなければいけません。

 子どもに問いかける目的と効果は次の3つです。

 1、信頼関係が築ける
 子どもに問いかけるということは、子どもの話を聞くということです。それは子どもの考えや気持ちを理解しようとする姿勢を示すことになります。話を聞いてくれる、理解してくれる、子どもがそう感じることによって親と子の間に信頼関係が築かれます。

 2、子どもに考えさせることによって主体性が生まれる
 中学生くらいになりますと「なんで日本人やのに英語勉強せなあかんの?」なんて聞いて来ます。
 そんなときは「どうしてやと思う?」と尋ねてやって下さい。

 「う~ん、海外旅行に行った時困るからかなあ・・」
 「でも、最近は農協のおっちゃんやおばちゃんかて海外行ってるで」
 「そっかー、じゃあ仕事する時に英語いるからかなあ・・」
 「そやなあ・・、ところで◯◯くんは将来、何になりたいの?」
 「え?ぼく?国際的なスタントマン!ほらハリウッド映画とかでやるやつ。あ?、それやったら英語いるなあ、先生。」
 「ほんまやなー。」
 「ほな、英語勉強せなあかんわ。がんばろ。」

 こんなふうに問いかけることによって、子ども自らが考え、そして自分で答えを出す。
 それは誰に強制されたものでもありません。
 自らが考え、自らが出した答えです。
 だからこそ、子どもの行動が変わるのです。
 それが3つ目の目的と効果です。




 3、行動が変わる
 人は人から何を言われたからといって変わるものではありません。
 でも、自分が考え、自分が出した結論であれば、自分の行動を変えるのです。
 ですから親や教師は子どもから「どうして勉強しないといけないの?」と聞かれたら「どうしてだと思う?あなたにとって勉強することはどういう意味があると思う?」と尋ねてみて下さい。
 もし、子どもが勉強する意味を自分で考え見つけ出したなら、それが最も強い学習への動機づけになるでしょう。

 そのようにお話ししたあと「プラスの問いかけ」とは具体的にどのようなものか、資料をもとに解説しました。

 プラスの問いかけは子どもの考える力や主体性、意欲、能力を引き出します。

    <子どもに対するプラスの問いかけ>

・ どうしたらいいと思う?
・ どうしたら出来るかな?
・ どうしたい?
・ どうして欲しい?
・ 何か手伝えることある?
・ それのいい所ってどこかな?
・ 違う見方できないかな?
・ 相手の立場に立ったらどう見える?
・ 何から始める?
・ どうしたら楽しく出来るかな?
・ 今すぐ出来ることって何かな?
・ どうしたの?何かあった?
・ どうしてかな?

 プラスの問いかけは子どもの考えや気持ちを聞こうとするもので、このように問いかけられると子どもは、自分は大切にされている、認められている、愛されていると感じます。このように感じるとき、子どもは自らの内に宿る『自己成長力』を発揮し、主体的・意欲的に物事に取り組んでいくようになります。


 子どもの意欲を引き出し、自信をつけさせるもの、それは「あたたかくて信頼し合える親子関係」です。
 プラスの問いかけはそれを築くコミュニケーションツールです。
 でも、それはテクニックではなく大切なのは子どものありのままを尊重しようとする心なのです。

 そのようにお話ししました。

 講演の最後にお一人お一人それぞれ違う100種類の詩を小田和正さんの曲「たしかなこと」にのせてプレゼントしました。



 
 みなさん大変熱心に聞いてくださいました。
 色々とお世話下さった育友会の役員の皆様、校長先生、教頭先生、お世話になりました。
 またお会い出来る日を楽しみにしています。




 主催者の皆様と記念に一枚。




 ショート講演ムービー「子どもからの3つのプレゼント」
 http://124.34.250.60/profile/movie/3820_mv.htm

 講演紹介動画「笑って感動して心が軽くなる講演」
 https://www.youtube.com/watch?v=IJgivKVQttk

 講演紹介動画「いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか」 
 https://www.youtube.com/watch?v=2WVpUz5AnPc

 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 感動!心が楽になる!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/

この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会も多...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

母の年代でもたくさん参考になったと喜んでいました。

長谷川先生、お疲れさまでした。 先生の世界に引き込まれる...

YOKO
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
受験が近づくこの時期 受験期の子どもに親がしてあげられること
イメージ

 受験が近づいてくると子どもよりも親の不安の方が大きくなってつい「そんな事で受かると思ってるの!」と否定的...

親の愛、親のエゴ。 親のエゴを自覚することが大切

 親には二つの心があります。 子どもに対する愛の心とエゴの心です。 愛の心は明るくてあたたかい心です...

子どもが見せてくれているありのままの自分の心 〜子育て是道場〜

    直心是道場(じきしん これ どうじょう) 仏教に由来する言葉で、「ありのままの心こそ、修行し...

ガミガミ言い過ぎて子どもが言うことを聞かなくなってしまいました

 先日ある中学校の講演会の際、こんな質問がありました。 「私は自分は許せるんです。主人のことも許せるん...

第43回ペアレントセミナー『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』のお知らせ
イメージ

    第43回 ペアレントセミナー   『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』    子...

[ ペアレントセミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ