コラム

 公開日: 2015-11-13 

第40回ペアレントセミナー「幸せで自己肯定感の高い親になる」 <前半>

 11月8日(日)は第40回ペアレントセミナーがありました。
 天候が悪い中、30数名の方が参加して下さいました。


 

 テーマは「幸せで自己肯定感の高い親になる」。
 これは~子どもを幸せに育てる親学講座~シリーズの3回目、最終回になります。
 『自己肯定感をいかに高めるか』を主題としながら、
 親学10か条の
 ⑧子どもの存在を喜ぶ(生まれてくれてありがとう)、
 ⑨親が幸せである(笑顔と感謝を持って暮らす)、
 ⑩家をのんびり出来る場所にする(心が安らぐ居場所)
 を解説していきました。




 ⑧子どもの存在を喜ぶでは、
 子どもには「生まれてくれてありがとう」、お母さんには「産んでくれてありがとう」、夫や妻に対しては「一緒にいてくれてありがとう」が最高のありがとうですとお話ししたあと、こんなふうに問いかけました。

 喜びってどこから生まれてくるのでしょう?

 喜びは愛から生まれます。
 そのものを愛するからそれを目にすること、それに触れることに喜びが生まれます。
 その行為を愛しているから、それを行うことが喜びになります。
 だから愛するものが多ければ多いほど喜びの多い人生になるということです。
 晴れの日を愛するように雨の日も愛すればいつも幸せでいられます。
 そして親である自分が幸せであるということが子育てにおいてはとても大切です。
 幸せな親が幸せな子どもを育てるからです。
 
 では愛はどこから生まれるのでしょう。
 愛は家族から生まれます。

 かつてマザーテレサが来日され講演された折、一人の女子中学生が「戦争や貧困をなくし、世界平和を実現するために一体私たちに何ができるでしょうか?」と質問しました。
 それに対してマザーはこんなふうに答えられました。
 「愛は家族から始まります。まずはあなたに一番近い人、あなたの家族に愛と優しさを注ぐことから始めて下さい。それはとても小さいことのようですが地球上のすべての人がそれを実行したら世界は確実に変わるのです。」

 ⑨親が幸せであるでは、まずこんなクイズを出しました。

 詩「幸せになる方法」
 ◯◯するんじゃないんだ
 ◯◯するんだ
        byはせがわみつる

 この◯◯のなかにそれぞれ違った漢字2文字、二字熟語を入れて下さい。
 僕の教え子のある子は最初の◯◯に結婚を、あとの◯◯に貯金を入れました。
 なかなか現実的な子です。
 さあ、どんな言葉がはいるのでしょう?




 答えは?

 上の◯◯には努力、下の◯◯には感謝が入ります。

 では、次はどうでしょう?

 詩「シンプルなルール」
 ◯◯は「ありがとう」をたくさん言われた人の勝ち
 ◯◯は「ありがとう」をたくさん言った人の勝ち
                   byはせがわみつる

 答えは?

 上の◯◯には仕事が、下の◯◯には人生が入ります。

 先ほど愛するものが多いほど喜びも多い、晴れの日を愛するように雨の日も愛すればいつも幸せでいられると申しあげました。
 幸せであるためには愛すべき3つのものがあります。

 一つ目が家族です。

 二つ目が仕事です。

 三つ目が自分です。

 そしてこの中で一番大切なのが自分を愛するということです。

 今日の講演テーマが「幸せで自己肯定感の高い親になる」でした。
 そのままの自分がいいと思える、そのままの自分で価値があると思える、そのままの自分が好きだ、そう思えること。それが自己肯定感です。

 人間はふつう心の中に2つの自己を持っています。
 一つは現実自己(ありのままの自分)、もう一つは理想自己(ありたい自分、あるべき自分)です。
 そしてこの二つの自己のズレが大きくなればなるほど精神的に不安定になり、その葛藤から様々な心的、身体的、社会的な症状が現れます。

 ふつう「自分を好きになりたい」と望んだ場合、今のまんまの自分では好きになれない、「もっとカッコよく、もっと強い自分になれば自分が好きになれると考えがちです。
 そして自分の思い描く理想自己に近づけるようにと一生懸命努力したり頑張ったりするんだけど、そんなことをしている限り絶対に自分を心から愛するようにはなれないんですね。
 逆なんです。
 自分を愛せるようになる秘訣は、その努力をやめるところにあります。

 (後半につづく)

 後半はコチラ→http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/429402829.html




 ショート講演ムービー「子どもからの3つのプレゼント」
 http://124.34.250.60/profile/movie/3820_mv.htm

 講演紹介動画「笑って感動して心が軽くなる講演」
 https://www.youtube.com/watch?v=IJgivKVQttk

 講演紹介動画「いのちの大切さを子どもたちにどう伝えるか」 
 https://www.youtube.com/watch?v=2WVpUz5AnPc

 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 感動!心が楽になる!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/
 

この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会も多...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

今幸せであることに気づかせてくれて、感謝でいっぱいです

講演会、遠路はるばるお越しいただき、ありがとうございまし...

K・S
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
兵庫県高砂市立高砂こども園での講演会「自信と意欲を引き出す親子関係のつくり方」
イメージ

 11月12日(土)は午前中、高砂こども園で講演会がありました。 演題は「自信と意欲を引き出す親子関係の...

[ 講演会 ]

兵庫県高砂市文化保健センターでの講演会「無為の子育て~あなたのままで100点満点~」
イメージ

 10月25日は高砂市文化保健センターで講演会がありました。 テーマは「無為の子育て ~あなたのままで10...

[ 講演会 ]

受験が近づくこの時期 受験期の子どもに親がしてあげられること
イメージ

 受験が近づいてくると子どもよりも親の不安の方が大きくなってつい「そんな事で受かると思ってるの!」と否定的...

親の愛、親のエゴ。 親のエゴを自覚することが大切

 親には二つの心があります。 子どもに対する愛の心とエゴの心です。 愛の心は明るくてあたたかい心です...

子どもが見せてくれているありのままの自分の心 〜子育て是道場〜

    直心是道場(じきしん これ どうじょう) 仏教に由来する言葉で、「ありのままの心こそ、修行し...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ