コラム

 公開日: 2015-07-23  最終更新日: 2015-07-24

「親に無理矢理やらされた習い事とか、大人になった今、親に感謝しているのですが・・」

 7月12日(日)のペアレントセミナーの質疑応答の時間に、こんな質問が出ました。



 「私は子どもの頃、親に無理矢理やらされた習い事とかあったんですが、いま大人になってそれが役に立っていたりして、親に感謝している所もあるのですが、そのあたりはどう考えたらいいでしょうか?」

 今回のペアレントセミナーでは『子どもの気持ちを尊重していきましょう』という話だったので、その逆といいますか、無理にやらされたことでも大人になって「あの時は嫌だったけど、無理にでもやらされてよかった」ということもあるんじゃないですか。その点はどうなんでしょう?
 というお尋ねでした。

 それに対してこんなふうにお答えしました。



「そういうこともあるでしょうね。
 その時は嫌だったけど、今になったら『よかった』て思えることもあると思います。
 僕はよく『習い事は2つまで。一つは親が習わせたいこと、もう一つは子どもが習いたいこと。』て言うんです。だから、親が習わせたいことを習わせるのは悪いことではないと思っています。
 大切のは全部親が習わせたいことばかりにならないことです。
 また、習い事を2つまでにして子どもから遊びを奪わないことです。
 子どもは自由な遊びを通じて、世の中に出てから役立つ創造力や共感力を養い、自分を表現することを学びます。だから、習い事をいっぱいやらせることで子どもから遊びを奪うことには反対です。
 でも、親がバレーを習わせたい、英会話を習わせたい、スイミングはやらせたい、と思うこと自体は全然悪いことではないし、子どもも習いたいと言うのであれば2つまではやらせたらいい。
 ただ『やめたい』と言い出したらやめさせてあげてね。」

 そのようにお答えしました。

 僕が言いたかったのは、親が『子どもを大切にする』ということはどういうことか?
 それを真剣に考えてほしいということです。
 親が良いと思うことを押しつけることは決して『子どもを大切にする』ことにはつながりません。
 それは親のエゴです。
 でも、子どもの気持ちを聞いて、子どもの言う通りにすることばかりも『子どもを大切にする』ことではありません。
 時には子どものためを思って言うべきことを言うことが『子どもを大切にする』ことにもなります。

 だから、こうしたらいいと一概にはいえません。
 でも、「子どもにとってどうしてやるのが一番よいのか?」その視点を失わずに、そしてそのことを色んな側面から見て、こうしようと親が決めたらそれが一番いいように思います。
 何が正解とかはありません。
 そこに愛が表れているならそれでいいのだと思います。

 


 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 感動!心が楽になる!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/

この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会も多...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「ありのままの自分でいいんですよ」と肯定してもらったようで、心が軽くなりました

 昨年の女性ネットワークでの研修会でのご講演ありがとうご...

S.A
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
受験が近づくこの時期 受験期の子どもに親がしてあげられること
イメージ

 受験が近づいてくると子どもよりも親の不安の方が大きくなってつい「そんな事で受かると思ってるの!」と否定的...

親の愛、親のエゴ。 親のエゴを自覚することが大切

 親には二つの心があります。 子どもに対する愛の心とエゴの心です。 愛の心は明るくてあたたかい心です...

子どもが見せてくれているありのままの自分の心 〜子育て是道場〜

    直心是道場(じきしん これ どうじょう) 仏教に由来する言葉で、「ありのままの心こそ、修行し...

ガミガミ言い過ぎて子どもが言うことを聞かなくなってしまいました

 先日ある中学校の講演会の際、こんな質問がありました。 「私は自分は許せるんです。主人のことも許せるん...

第43回ペアレントセミナー『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』のお知らせ
イメージ

    第43回 ペアレントセミナー   『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』    子...

[ ペアレントセミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ