コラム

 公開日: 2015-03-13 

子どものためにと思ってすることが全てマイナスにしかならない時がある

 子どものテストは一喜一憂してしまいますね。
 いや、喜ぶことは少なくて憂うことの方が多いかもしれません。
 それが受験生なんかだと不安からきつく叱って子どもが逆切れ、かえって子どものやる気を潰してしまうこともよくあることです。

 子どもの立場からすると叱られるのもイヤだけれど、落ち込まれるのはさらにイヤみたいです。「ああ、ホントに僕はダメなんだ・・」て感じてしまうようです。

 あるお母さんが子どもさんのテスト結果にひどく落ち込まれた時、その子どもさんがこう言ったそうです。「だから、お母さんにはテスト結果を見せたくなかったんだ・・。いつもそんなふうに落ち込んで・・。そんな姿を毎回毎回見せられる僕の気持ちがわかるか!」
 そう言い放ったあと親子の仲は険悪ムードに。
 「子どもの心を傷つけてしまった」と後悔されると同時に「じゃあ、この成績見て落ち込むなっていうの!」という怒りの気持ちもあり、「どうすればよかったのか」と悩まれたお母さんは僕のところに相談に来られました。

 「先生、私はどうしたらよかったのでしょう?私だって感情があります。落ち込むことだってあります。そういう姿を見せたり、愚痴を言ったりすることはいけないことなんでしょうか?」

 僕はこんなふうにお答えしました。
 「今回のことはお母さんも子どもさんもどちらも悪くありません。
  人間ですから子どものテストの結果で落ち込むこともあるでしょう。
  それを子どもに見せちゃいけないなんてことは僕はないと思います。
  ただし、それを見せられる子どもの気持ちは考える必要はあります。
  でも心に余裕がある時はそういうことも考えられますが、心に余裕のない時だってあるでしょう。そんな時は子どもの気持ちまで考えられないことだってあります。
  それと同じく子どもさんだって心が傷ついて、そんなふうにお母さんに言ったことだって責められるものではありません。

  大切なのは親子がそうして本音がぶつけ合えることではないでしょうか。
  子どもがお母さんのコトバや態度に傷ついているのに、もしそれを出せないとしたらそっちの方が問題です。そういう溜め込んだマイナスの感情は後々子どもの心を苦しめたり、親子の関係をとても冷たいものにしてしまいます。
  だからお互いそういう本音が出し合えるってことはいいことでもあるんですね。

  お母さん、
  落ち込まれるお気持ちはよ~くわかります。
  不安に思う気持ちから余計なことを子どもに言ってしまわれるのもわかります。
  なんとかしないと・・って思いますからね。

  でも、親は子どものために何かしてやらないとって思っても、することなすこと全てがマイナスにしかならない時っていうのがあります。
  親は子どものことが心配だから、色々口を出し手を出そうとしますが、それが子どもにとっては全部マイナスにしかならないという時があります。ただただ見守るしかない。それは親にとってとてもつらいことです。苦しんだり悩んだりしてる子どもを前にして何もしてやれないのですから。」

 そう言って、ブログ記事「子どもが悩んでいる時、親はどうすればいいのか」http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/310823671.htmlの話をしました。

 そのお母さんは若い頃、働いていたときの自分の気持ちを思い出されてたいへん納得されていました。

 「そうですね、先生。何かしてやりたくても何もしてやれない時ってありますね。何もしてやれないとはっきりしたら、少し気持ちが楽になりました。」
 そんなふうに仰っておられました。


 受験生を持つ親の役目は子どもの希望する学校に合格させてやることではなしに、その子どもを応援すること以外には何もないのだと悟って、せめてマイナスのことはするまいと自戒して見守ることであるように思います。

                     (ブログ「長谷川満の親学講座」より)
 



 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 感動!心が楽になる!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/

この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会も多...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「ありのままの自分でいいんですよ」と肯定してもらったようで、心が軽くなりました

 昨年の女性ネットワークでの研修会でのご講演ありがとうご...

S.A
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
受験が近づくこの時期 受験期の子どもに親がしてあげられること
イメージ

 受験が近づいてくると子どもよりも親の不安の方が大きくなってつい「そんな事で受かると思ってるの!」と否定的...

親の愛、親のエゴ。 親のエゴを自覚することが大切

 親には二つの心があります。 子どもに対する愛の心とエゴの心です。 愛の心は明るくてあたたかい心です...

子どもが見せてくれているありのままの自分の心 〜子育て是道場〜

    直心是道場(じきしん これ どうじょう) 仏教に由来する言葉で、「ありのままの心こそ、修行し...

ガミガミ言い過ぎて子どもが言うことを聞かなくなってしまいました

 先日ある中学校の講演会の際、こんな質問がありました。 「私は自分は許せるんです。主人のことも許せるん...

第43回ペアレントセミナー『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』のお知らせ
イメージ

    第43回 ペアレントセミナー   『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』    子...

[ ペアレントセミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ