コラム

 公開日: 2015-02-27 

奈良市学童保育を語る集い「自信と意欲を引き出す親子関係のつくり方」

 2月15日(日)は近鉄奈良線「学園前駅」にあります西部公民館まで講演に行ってきました。
 テーマは「自信と意欲を引き出す親子関係のつくり方」。
 聞いてくださるのは、普段、学童保育にお子さんを預けておられるお父さんお母さん方です。
 約60名の方が参加して下さいました。



 普段は仕事が忙しくてなかなか子どもとの時間が取れない、そんな中で子どもとのコミュニケーションをどのようにすればいいのか、それをお話ししてほしいとのリクエストを頂いておりました。



 忙しくて時間がないとついつい親は「早く早く」と急かすことや、「これして、あれして」みたいな命令ばかりの関わりになったり、注意することばかり、叱ることばかりになりがちですが、これでは子どもとのコミュニケーションはいいはずありませんし、こういう関わりは親子関係も悪くしてしまいます。

 では、どうすればいいのか?

 それを皆さんと一緒に資料<自信と意欲を引き出す親子関係のつくり方>をもとに考えて参りたいと思います。

     自信と意欲を引き出す親子関係のつくり方
      ~自己肯定感を育てる関わり~

   1、幸せを受け取る(子どもの存在を喜ぶ)
   2、そのままを愛する(変えようとしない)
   3、子どもの善さを見る(尊敬する)
   4、話を聴く(口を挟まず最後まで)
   5、気持ちを理解しようとする(押しつけない)
   6、信じて任す(管理者ではなく援助者になる)
   7、弱さや欠点を受け入れる(許し合う)


 子どもとの関わりの中で一番大切なのは、子どもの存在を喜ぶということです。
 子どもが持って来てくれた愛や喜びや幸せをしっかりと受け取るということが何よりも大切です。
 親は子どもに対して、親として何をしてやれるか、将来のために何を身につけさせてやれるかと与えることばかりに気がいきがちですが、子どもが生まれる時に持って来てくれた愛や喜びや幸せを受け取ることの方が何倍も大切なんじゃないかなあと思います。
 親は勘違いしてしまうんです。
 自分が子どもを幸せにしてやらないとって思ってしまうんです。
 でも本当は逆なんですね。
 親が子どもを幸せにしてやるんじゃないんです。
 子どもがいっぱい親に幸せを与えてくれているんです。
 そして親はその幸せをいっぱい受け取ったらいいんですね。
 どうしてか?
 幸せな親が幸せな子どもを育てるからです。
 そうして子どもがくれた幸せを子どもに返していったらいいんですね。



 自分は親に喜ばれている、自分はそのままで親に愛されている、自分は喜ばれる存在である、自分は愛される存在である、そう思えることが子どもにとってどんなに嬉しく、どんなに幸せで、どんなに自信がつくことでしょう。
 愛されている自信、それこそが自信の根っこにあるものです。

 僕は「子育て」で一番大切なのは自信だと考えていて、自信がないとやっぱり社会に出て行きにくいんじゃないかと思うんです。
 この社会に出て行く上で必要な自信、それが自己肯定感だと思うんです。
 「自分は自分でいいんだ。自分は自分で素晴らしいんだ。」そういう自分の心の支えを持てているかどうか、それが色んな困難を乗り越えていける力になると思うんです。
 そして、子どもがつまづいた時安心して帰ってこられる場所、子どもが安心して弱音をはける場所、子どもがつらい時苦しい時黙って甘えさせてやれる場所、そんなものになってやれたら・・。
 そういう場所がある、そういう人がいる。
 そう思えたら子どもはつらいことがあってもそれに立ち向かっていけるように思います。
 よく「甘やかすな」「甘やかしたらろくな者にならん」という人がいますが、僕は今本当に心を許し合っている親子、心が通じ合っている親子というものが少なくなっているような気がします。
 自立というものは親子が甘え合い、じゃれ合い、嬉しいことも悲しいことも共有してきた経験の中で、お母さんならわかってくれる、お父さんだけは信じてくれる、何かそういう「あたたかい信頼関係」で結ばれているからこそ、親と子は離れていけるのだと思います。

 そういうことが伝えられたらいいなあと思ってお話ししました。
 質疑応答も活発に質問して下さいました。
 質問して下さった皆さん、ありがとうございました。

 
 講演の終わりに熊木杏里さんの「誕生日」の曲にのせてお一人お一人にそれぞれ違った詩をプレゼントしました。



 講演後、主催者様のご厚意で拙著「あなたも子どももそのままでいい」のサイン販売をさせていただきました。ありがとうございました。




 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 感動!心が楽になる!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/

この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会や中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

今日お聞きしたお話忘れません

二児の母で看護師です。 先生が紹介されたコラムと同様な10数...

福山由美
  • 女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
不登校家庭に最も必要で足りないものは『自由』と『安心感』
イメージ

 子どもさんが不登校で悩まれている方の悩みは本当に深いです。 その一番の原因は本当に親身になって相談に...

[ 不登校について ]

不登校・発達障害の悩みには 長谷川満の『見方が変わる相談室』のチラシが出来ました!
イメージ

 ~問題の見方が変われば、接し方が変わります。  その受容的な接し方が自己成長力を引き出します~...

始業式から1週間。不登校から脱した矢先に子どもが再び休み始めました。

 始業式から1週間、やっと不登校から脱したと安心した矢先、子どもが再び休み始める。 この時、親は冷静で...

[ 不登校について ]

子どもの成績を劇的に向上させる方法 〜自己肯定感、自己イメージ、信頼関係〜

 どうすれば子どもの成績を劇的に向上させられるか。 「そんなうまい方法があるなら教えて欲しい。」 ...

10〜20点台の子が1年半後に5科目48点以上!やる気スイッチは子ども自身が押す。

 僕がK君の家庭教師を始めたのは1年生の2学期からでした。 その頃のK君の成績は英語、数学、国語、理科、...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ