コラム

 公開日: 2015-02-25  最終更新日: 2015-02-27

兵庫県加東市滝野文化会館での講演会「自信とやる気を引き出すプラスの問いかけ」

 2月7日(土)は午後から加東市連合PTA様主催の講演会がありました。
 PTCA活動支援事業実践発表大会での講演です。
 演題は「自信とやる気を引き出すプラスの問いかけ」。



 私、こんな顔しているんですが詩を書くんです。
 詩を書いて時々自分のブログに載せたりしているんですが、先日といいましても3年ほど前になります。「あのとき」という詩を載せましたら、なんと震災で被災された宮城県の方からコメントを頂きました。
 短い詩ですのでちょっと紹介したいと思います。



     「 あのとき 」

     あのときも あのときも
     あのときも あのときも
     楽しかった

     あのときも あのときも
     あのときも あのときも
     幸せだった

     あのときはそれがわからなかった
     あのときはそれに気づかなかった

                      (はせがわみつる)

 震災後なのでとても心に沁みました。
 子育て中なので色々と当てはまり過ぎて涙がほろっと出ました。
 1日1日を大切に生きようと思いました。 (コメントより)



 自然災害というのはあたり前の日常生活を根底から奪っていきます。
 そのあたり前の日常生活が奪われてはじめて、それがどんなに幸せだったかを知りますね。
 皆さんが今あたり前に過ごされている日常、それこそが幸せですね。
 あと10年、15年ほど経って、子どもが成人して、家から出ていって・・
 ふと、
 子どもがまだ子どもでいてくれた頃、そう今のことをきっと思い出されることでしょう。



 「ああ、あの時は楽しかったなあ・・」
 「ああ、あの時は幸せだったなあ・・」と。
 だったらその幸せを、今の幸せをもっともっと味わって過ごせばいいんじゃないでしょうか。
 せっかく幸せな時間の中にいるのですから。

 今、皆さんのお手元にあります「あいさつ天国」という詩もそういう思いから生まれた詩です。
 ちょっと読んでみます。

      「 あいさつ天国 」

      おはよう いってらっしゃい
      おかえり 
      いただきます ごちそうさま
      おやすみなさい 
      ありがとう
  
      何気ないひと言ひと言だけど
      家族だから交わす言葉があって
      それが交わし合えるって
      きっと すごく
      幸せなことなんだ

                 (はせがわみつる)




 ある不登校のお子さんをお持ちのお母さんがこんなことを言われました。
「先生・・、
 子どもに『いってらっしゃい』と言えるってことは幸せなことだったんですね・・。」
 子どもが不登校になったら『いってらっしゃい』が言えないんですね。
 そら、そうですね。
 でも、子どもが元気に学校に行ってる間は『いってらっしゃい』を言えることが幸せだなんて思ったこともなかった。今、子どもが不登校になって、それが言えなくなってはじめて、『いってらっしゃい』と子どもに言えるってことは幸せなんだということがわかった。
 『いってらっしゃい』と言えないということは『おかえり』も言えないんですね。
 『ただいま』と元気よく帰ってくる子どもを『おかえり』と言って迎えられる幸せ。
 そんな幸せを今一度思い出してもらえたらと思いましてこの詩を皆様にお配りさせていただきました。
 
 そのようにお話ししました。
 
 そのあと「プラスの問いかけ」や「自信と意欲を育てる親子関係のつくり方」の資料をもとに事例やエピソードをまじえて楽しくお話ししました。

 講演の終わりに熊木杏里さんの「誕生日」の曲にのせてお一人お一人にそれぞれ違う詩をプレゼントしました。


 追記:講演後に明石市民会館での講演http://mbp-kobe.com/hasegawa/column/44789/を聞いて下さった方が控え室に挨拶に来て下さいました。
「先生の講演は2回目です。前は明石の市民会館で幼稚園東播地区PTAの時に聞かせてもらいました。ありがとうございました。」
 そういえばあのときも挨拶してくださった方だったように思いました。
 思いがけずお会い出来てうれしかったです。
 僕のブログも見て下さっているみたいで、孫のメイちゃんのことも知って下さっていました。     



 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 感動!心が楽になる!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2/
       

この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会も多...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

『元気が一番!』親も子も幸せにする魔法のコトバと素敵な詩をありがとうございました。

 今回のお話の中で  「お母さんが子どもの愛に包まれてい...

K・T
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(26

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
受験が近づくこの時期 受験期の子どもに親がしてあげられること
イメージ

 受験が近づいてくると子どもよりも親の不安の方が大きくなってつい「そんな事で受かると思ってるの!」と否定的...

親の愛、親のエゴ。 親のエゴを自覚することが大切

 親には二つの心があります。 子どもに対する愛の心とエゴの心です。 愛の心は明るくてあたたかい心です...

子どもが見せてくれているありのままの自分の心 〜子育て是道場〜

    直心是道場(じきしん これ どうじょう) 仏教に由来する言葉で、「ありのままの心こそ、修行し...

ガミガミ言い過ぎて子どもが言うことを聞かなくなってしまいました

 先日ある中学校の講演会の際、こんな質問がありました。 「私は自分は許せるんです。主人のことも許せるん...

第43回ペアレントセミナー『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』のお知らせ
イメージ

    第43回 ペアレントセミナー   『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』    子...

[ ペアレントセミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ