コラム

 公開日: 2015-01-05 

第37回ペアレントセミナー『コトバは人を幸せにするためにある』 ありがとう<後編>

前編からお読みになりたい方はコチラ→http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/article/411420664.html


 一つの言葉がどれだけ人の気持ちを癒し、勇気づけるのか。今日は皆さんに紹介したい絵本がありまして持って参りました。「さっちゃんのまほうのて」です。


 
 さっちゃんはままごと遊びのお母さん役がしたかったのですが、お友達の「さっちゃんはお母さんにはなれないよ。手のないお母さんなんてへんだもん」という言葉に大変傷つきます。さっちゃんは先天性四肢障害で右の手には指がなかったのです。
 さっちゃんはお母さんに尋ねます。
 「小学生になったらさっちゃんの指、みんなみたいに生えてくる?」
 お母さんは両手でさっちゃんの手をやさしく包んで言いました。
 「さちこの手はね、小学生になっても今のままよ。
  でもね、さっちゃん。
  これがさちこの大事な大事な手なんだから。
  お母さんの大好きなさちこのかわいいかわいい手なんだから。」
 さっちゃんの目にみるみる涙があふれました。
 「いやだ、いやだ、こんな手いやだ。」
 お母さんの目にも涙があふれました。
 
 その夜さっちゃんは、お友達の言葉が本当だったらお母さんにはなれないと不安で眠れませんでした。
 次の日、さっちゃんは幼稚園を休みました。
 さっちゃんが幼稚園に行かなくなって何日かたちました。

 お母さんは赤ちゃんを生みました。

 病院からの帰り道、お父さんとさっちゃんは手をつないで歩きました。
 さっちゃんがぽつんと言いました。
 「さっちゃん、指がなくてもお母さんになれるかな。」
 「なれるとも、さちこは素敵なお母さんになれるぞ。
  誰にも負けないお母さんになれるぞ。」
 お父さんはさっちゃんの手を大きくふって言いました。
 「それにね、さちこ。
  こうしてさちこと手をつないで歩いていると、とっても不思議な力がさちこの手からやってきてお父さんの体いっぱいになるんだ。
 さちこの手はまるで魔法の手だね。」

 さっちゃんはこの言葉をきっかけに、またもとの元気なさっちゃんに戻ります。
 幼稚園のジャングルジムでさっちゃんはお友達と元気に遊んでいます。
 「さっちゃん、すべるなよ。」
 「へいき!だってさちこの手は魔法の手だもん。」

                           (おしまい)

 さっちゃんを救った言葉、それはお父さんの「こうしてさちこと手をつないで歩いていると、とっても不思議な力がさちこの手からやってきてお父さんの体いっぱいになるんだ。さちこの手はまるで魔法の手だね。」という言葉です。
 さっちゃんを救った言葉はお父さんの愛の心が生み出したものです。
 愛の言葉は人の心を癒し、人を勇気づけ、前に進む力をくれる光の言葉なのです。
 
 言葉には人を幸せにする力があります。
 ここからは「言葉の力」について解説していきます。

 < 言葉の力 >

 1、名づける力(ものを存在させる力)
 みなさん、この色は何色でしょう?



 これを「こけ色」と言います。
 初めて知りましたか。
 実は今みなさんの心に「こけ色」が存在することになりました。

 みなさん、オリオン座はご存知ですね。
 こういう星座ね。冬の星座です。



 江戸時代の日本人は冬の夜空を見上げて、こういう星の並びを見ても「オリオン座」というもの、言葉を知らなければそれは存在していないことになる。ただ星がバラバラに並んでいるだけで「オリオン座」は存在していません。
 名前がついて、言葉にされて、心に認識されて、初めて存在は生まれます。
 言葉はものを存在させる力を持っているのです。

 2、意味づけする力
 カニみそが好きな人? 結構いらっしゃいますね。おいしいですね、カニみそ。
 じゃあ、苦手な人?  何人かいらっしゃいますね。おいしくないですね。

 さて、カニみそはおいしいのでしょうか、おいしくないのでしょうか。

 「おいしい」という人にとってはおいしいし、「おいしくない」という人にとってはおいしくない。
 それを決めているのは私たち一人一人です。
 あなたは幸せですか?と聞かれて、「幸せです」と答えればその人は幸せです。「いいえ、幸せではありません」と答えればその人は幸せではありません。
 すべての物事ははじめから「良い、悪い」が決まっている訳ではありません。
 それを私たちが「良い、悪い」「正しい、間違っている」「おいしい、まずい」「好き、嫌い」という言葉で決めているのです。
 私たちはあらゆるモノについて言葉で意味づけをしています。

 3、呼ぶ力
 「山本さ~ん」と呼べば山本さんが来られます。
 「田中さ~ん」と呼べば田中さんが来られます。
 レストランに行って「カレーライス」と言えばカレーライスが出てきます。
 ですから「ありがとう」と言えば、「ありがとう」と呼べるようなことが出てくるのです。
 とてもシンプルですね。
 「うれしい」と言えば、また「うれしい」と呼べるようなことが出てくる。
 こんな言葉が日本にはあります。
 「喜べば、喜び事が喜んで、喜び連れて、喜びに来る」
 また「笑う門には福来る」て言うでしょ。
 笑う、つまり喜んだり楽しんだりしていると、また喜び事がやってくるということですね。
 「おいしい」と言えば「おいしい」ものが出てくる。
 だから、「おいしい」「うれしい」「たのしい」「しあわせ」「だいすき」「ありがとう」「だいじょうぶ」という幸せを呼ぶ言葉を日常生活でたくさん使えば使うほど幸せが寄ってきます。

 4、わかり合う力(つなげる力)
 心を見ることは出来ません。
 でも心は見せることは出来ます。
 自分の思いを言葉にすることによって自分の心を見せることは出来ます。
 そうしてわかり合い、人と人はつながり合うことができます。

 そのようにお話しました。
 最後に浜崎あゆみさんの「How beautiful you are」の曲にのせてお一人お一人にそれぞれ違った詩をプレゼントしました。


 
 ペアレントセミナーに参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました。
 またお会い出来る日を楽しみにしております。
 次回のペアレントセミナーは来年3月29日(日)です。


 

 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 心が楽になる!親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 笑いあり!感動あり!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2

この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会も多...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マイナスのような感情も全て受け入れて、まるごと楽しもうと思えました。

講演会の資料を開いてまず驚いたのが、「あいってなあに?」...

hina
  • 女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
受験が近づくこの時期 受験期の子どもに親がしてあげられること
イメージ

 受験が近づいてくると子どもよりも親の不安の方が大きくなってつい「そんな事で受かると思ってるの!」と否定的...

親の愛、親のエゴ。 親のエゴを自覚することが大切

 親には二つの心があります。 子どもに対する愛の心とエゴの心です。 愛の心は明るくてあたたかい心です...

子どもが見せてくれているありのままの自分の心 〜子育て是道場〜

    直心是道場(じきしん これ どうじょう) 仏教に由来する言葉で、「ありのままの心こそ、修行し...

ガミガミ言い過ぎて子どもが言うことを聞かなくなってしまいました

 先日ある中学校の講演会の際、こんな質問がありました。 「私は自分は許せるんです。主人のことも許せるん...

第43回ペアレントセミナー『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』のお知らせ
イメージ

    第43回 ペアレントセミナー   『子育ては自己成長力に任すと上手くいく』    子...

[ ペアレントセミナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ