コラム

 公開日: 2014-12-08 

『心を開く!子どもが素直になる話し方、聴き方』大阪府堺市立人権ふれあいセンターでの講演会

 12月5日(金)は午前中、堺市立人権ふれあいセンターで講演会がありました。
 タイトルは「心を開く!子どもが素直になる話し方、聴き方」。



 最初にこんな質問をしてみました。
 「最近、ご飯もしくはスイーツ、もしくはお酒がおいしくて、ついつい食べ過ぎてしまう、飲み過ぎてしまう。それで太ってしまわないかと心配だという方、手を挙げて下さい。」

 「今、手を挙げられた方は幸せです。大体おいしく食べられるというのは健康な証拠ですし、何か深刻な悩みがあったりしたら食欲というものは出ないもんです。悩みがない証拠です。」

 「小学校とか中学校で講演するときにはこんなふうに訊くんです。『子どもの勉強のことや子どもが勉強しないことが今一番の悩みだという方、手を挙げて下さい』『今、手を挙げられた方は幸せです』。そしてそのあとにこう続けます。『子どもの勉強のことが一番の悩みだということは親も子も健康だという証拠です。
 普通、子どもというものは勉強が嫌いだというのが自然なもので、それはあたり前だということです。そしてこう訊くんです。『子どもの頃、勉強が好きだった人?』そう言うとほとんどの人が手が挙がりません。『どちらかと言うと嫌いだったという人?』そう訊くと一斉に皆さんの手が挙がります。子どもだって同じです。
 だからこう言います。『子どもが勉強しないのは親からの遺伝です。』本当は悩む必要ないことなんですね。自分が勉強嫌いで勉強してきてなくて、子どもにだけ勉強やれって言ったって、それは無理な話です。顔だって性格だって遺伝しちゃうんですから仕方がない。子どもにバレてないのが幸いなくらいです。子どもが気がつかないうちにあんまり勉強でやいやい責め立てるのはやめておくのが賢明ですね、とお話ししております。」



 今日の講演のテーマは「心を開く!子どもが素直になる話し方、聴き方」ですが、「心を開く!」には2通りの意味があって、1つは親である自分の心を開いて子どもに対して素直に正直になっていきましょうというのと、もう1つは子どもの心が開くような話し方、聴き方をしましょうというのとがあります。

 実はこの2つはつながっていて、親が心を開いて正直に素直になることによって、子どもも安心して心を開いて素直になるのです。
 そういう意味では、まず親である自分が「親の役割」や「親の仮面」をかぶって発言するのではなく、ありのままの自分で子どもたちに接していくことが大切です。

 それはありのままの自分を受け入れてこそ可能となります。
 この「ありのままの自分を受け入れること」を自己受容といいます。
 そして今度はありのままの相手(子ども)を受け入れる。
 これを他者受容といいます。

 「私は私でいいし、あなたもあなたでいい。」
  I am OK , You are OK .

 お互いの考え方の違いを認め合うだけでなく、相手の気持ちや感情を理解しようとして聴く。
 「つらかったんだね・・」「不安だったんだね・・、怖かったんだね・・」と。
 これを共感的理解といいます。

 この「自己受容」「他者受容」「共感的理解」がある関係において人間は「自己成長力」を発揮して、主体的・意欲的に物事に取り組むようになります。
 それを今日は体験してもらいます、と前置きをして40分ほどグループワークをしました。





 グループワークは自分が大切だと思うもの(語群から言葉を選ぶ)ベスト3を選んで、それを選んだ理由も含めて一人一人が発表し合うというものです。
 自分が話すときは正直にありのままに話す。
 相手が話しているときは、いい悪い、好き嫌いの評価や判断をやめて相手の考え方や気持ちを理解しようとして聴く。
 ということに留意して話し合ってもらいました。
 そしてグループのみんなで話し合って、そのグループとしてのベスト3を選んでもらいました。
 安易に妥協することなく、でも相手の意見をよく聴いて、理解して、その上で自分の意見も率直に言って、全員が納得いくように話し合ってもらいました。


 最後にゆずの「雨のち晴レルヤ」の曲にのせて、お一人お一人にそれぞれ違った詩をプレゼントしました。



 参加して下さった皆さん、ありがとうございました。
 またお会い出来る日を楽しみにしております。



 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 心が楽になる!親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 笑いあり!感動あり!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2

この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会や中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

マイナスのような感情も全て受け入れて、まるごと楽しもうと思えました。

講演会の資料を開いてまず驚いたのが、「あいってなあに?」...

hina
  • 女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
解決!アスクミーでお悩み解決「2歳の息子の教育について、義母からあれこれ口を出されます」
イメージ

 9月21日の東京・関東地区の朝日新聞に「解決!アスクミー」の全面広告が掲載されました。 「解決!アスクミー...

龍野子育てつどいの広場での講演会。テーマは「無為の子育て 〜あなたのままで100点満点〜」
イメージ

 今日は午前中、たつの市はつらつセンターへ講演に行ってきました。  龍野子育てつどいの広場さん...

[ 講演会 ]

兵庫県太子町立龍田幼稚園での講演「自信と意欲を引き出す親子関係のつくり方」
イメージ

 今日は午前中、太子町立龍田幼稚園に講演に行ってきました。 参加してくださったのは保護者の方約18名。...

[ 講演会 ]

与えることは与えられること
イメージ

  親は子どもが幸せになるためにいったい何を与えることが出来るのでしょう。 その一つに、あたたか...

発達障害による学力不振の見分け方とその対応
イメージ

 この土曜日に10月に講演する予定の小学校のPTA役員さん3人と打ち合わせしてきました。 その際、学力不振...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ