コラム

 公開日: 2014-12-08 

たつの市ゲートキーパー養成研修

 11月28日(金)は兵庫県たつの市の市職員様を対象にゲートキーパー養成研修をやってきました。
 テーマは「心を開く話し方、聴き方」です。


 
 ゲートキーパーとは直訳しますと「門番」。
 自殺の危険がある人に気づき、声をかけ、話を聞き、必要な支援機関につなげ、見守る人のことを指します。
 いわば「いのちの門番」です。
 これは内閣府が自殺対策の有効な手段として、まずは公務員の方々、そして民生委員・児童委員さんにゲートキーパーの意識を持ってもらい、最終的にはすべての人にゲートキーパーの意識を持ってもらって自殺しようとする人を助けていこうというものです。

 このゲートキーパーと相反する考えを表す言葉って何だと思いますか?
 自己責任です。
 自己責任とは「あんたが自分でやったことやろ?そんなこと私知らんわ。そんなん自己責任やん。」ということです。
 ゲートキーパーとは他者のことを気遣い、思いやり、共感する心で、助け合う心で「一緒に乗り越えていきましょうよ、困ったときはお互い様」という考え方です。
 自己責任という言葉が表しているのは厳しさです。
 ゲートキーパーという言葉が表しているのはやさしさです。
 ですから、ゲートキーパーを養成していこうというのは「人にやさしい社会」を作っていきましょうということです。
 お互いが気遣い、助け合い、支え合って生きていく社会。
 こういう社会を「共生社会」と言います。
 すべての人が相互に人格と個性を尊重し合い、それぞれの多様なあり方や生き方を認め合う社会のことです。

 今日の研修はお互いの人格と個性を尊重し合い、それぞれのあり方を認め合うとはどういうことか、それはどうすれば実現していけるのかということに焦点をあてたいと思っています。
 なぜなら一人一人が大切にされる社会の実現こそが最大の自殺予防になると考えるからです。



 そういう社会を築いていく上で最も重要なのが「心を開いて話す、心を開いて人の話を聞く」ということです。

 「心を開いて話す、心を開いて人の話を聞く」ということを実際に体験してもらうために40分ほどワークをしてもらいました。
 ワークのあとこんなふうにお話ししました。

 自分の思いを正直に話す。
 相手の意見を耳を傾けて聴く。
 みんな考えは違っていていいんですね。
 かえって違っている方が豊かなんですね。
 あなたはあなたのままでいいし、
 相手も相手のままでいいんです。
 それが自己受容であり、他者受容です。
 自分を受け入れる、相手も受け入れる。
 それは自分を開くということです。
 自分を開くことによって、
 人の考えや思いも理解出来るようになり、
 わかり合い、つながり合えるのです。
 考えが違ったまま、わかり合え、仲良く暮らしていくことはできるのです。
 これこそが共生社会です。
 お互いの違いを認め合い、尊重し合い、
 考えが違ったまま助け合い、支え合っていく。
 こういうのを「成長促進的人間関係」と言います。
 私たちは人間関係を通して成長していけるのです。
 人間は成長すればするほど幸せになっていきます。
 人間はそのままの自分を受け入れれば受け入れるほど、
 そのままの他者を受け入れれば受け入れるほど、
 「自由に」そして「幸せに」生きられるようになります。
 そしてそれはそんなに難しいことではありません。
 それを今日皆さんはワークにおいて経験なさったはずです。

 そのようにお話ししました。

 研修の最後に指田ふみやさんの曲「花になれ」にのせてお一人お一人にそれぞれ違った詩をプレゼントしました。
 
 


 子どもさんの学習の悩み・家庭教師のご相談は
 http://www.hariat.co.jp/ksg/

 不登校でお悩みなら
 http://www.hariat.co.jp/ksg/futoukou.htm

 心が楽になる!親も子も幸せに成長していくヒントがいっぱい!
 ブログ「長谷川満の親学講座」
 http://hasegawa-mitsuru.seesaa.net/

 気づきがいっぱい!子育てコラム「あなたのままで100点満点」
 http://www.koushinococoro.com/magazine/kyouiku/hasegawa_100/

 笑いあり!感動あり!子育て講演については
 http://mbp-kobe.com/hasegawa/service2

この記事を書いたプロ

家庭教師システム学院 [ホームページ]

家庭教師 長谷川満

兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL:079-422-8028

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
著書紹介
子どもにも自分にもやさしくなれる本

 『あなたも子どもそのままでいい 〜長谷川満の親学講座〜 』¥500(税込み) いい親になろうとせず、いい子に育てようとせず、もっと自然に、もっとありのまま...

教育講演・人権講演について
イメージ

 「感動した」「心が軽くなった」「さらに子どもが愛しくなった」「子どもにやさしくなった」、そんな喜びの声が多数寄せられています。 人権についての講演会や中...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
家庭教師システム学院の長谷川満さん

自己イメージ改善で、子どもの自信とやる気を引き出す家庭教師のスペシャリスト(1/3)

 加古川市、高砂市、加古郡といった東播学区の小・中・高校生を対象に、家庭教師派遣を行う「家庭教師システム学院」。代表を務める長谷川満さんは、25年以上、家庭教師を指導するとともに、自身も家庭教師として多くの生徒と関わってきました。 「私が...

長谷川満プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子どもの自信を回復させ学習意欲を引き出すノウハウを持っている

会社名 : 家庭教師システム学院
住所 : 兵庫県加古川市加古川町木村44-6 亀井ビル3階 [地図]
TEL : 079-422-8028

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

079-422-8028

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

長谷川満(はせがわみつる)

家庭教師システム学院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

講演は大・大・大成功でした。役員の皆さんが、本当にいい笑顔をされていたのが印象的でした

 先日は、遠方よりお越しいただきまして、  そして、感動...

真岡西小PTA会長
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
少年刑務所の元教官で今はスクールカウンセラーの竹下三隆さんに「子育てについて」聞きました。
イメージ

 先日4月28日に奈良に講演会を聞きに行ってきました。    その際、スクールカウンセラーをさ...

小学校PTA主催の人権講演会で人気テーマ3選 

 新年度に入り、講演依頼を小学校や幼稚園から頂いております。 その際、人権講演会だと堅いテーマになりが...

[ 講演会 ]

常識的な思い込みから自由になることで発達障害も不登校も好転する

 発達障害や不登校で悩まれている方の中には、常識的な思い込みによって事態を悪化させてしまうケースがよく見ら...

発達障害グレーゾーンのお子さんの指導で一番大切なのは「直そうとしないこと」
イメージ

 発達障害傾向のある子どもに対して一番やってはいけないのは 「今の子どもの特性を受け入れず、そこを直...

[ イチオシ!おすすめ家庭教師 ]

内気な子でも大丈夫!話しやすい!聞きやすい!優しいお姉さん先生
イメージ

 松本 由布(まつもと ゆう)先生  加古川東高校卒業。 神戸市外大英米学科卒業。 現在専門...

[ イチオシ!おすすめ家庭教師 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ